株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

じっくり考える時間はもう限られています。疑問をすぐ解決。 記事No.8186

2017-08-10-Thu  09:57:30

夏休み無料相談会を行っています。
じっくり考える時間はもう限られています。
疑問をすぐ解決。

夏休みの特別企画です!!↓
bana0810.png

先週質問頂いたQ&A

Q.株の売り時を教えていただきたいです。(8/7 M.M様)
A.本格的には、9月だと思われます。それまでに、OPの用意、またキャッシュポジションの量を調整する必要があります。

Q.ソフトバンク、リクルートの売り時を教えてください。(8/7 Y.M様)
A.ソフトバンクに関しては、ウリの時期に入ってくると思われます。
リクルートの買い転換は解除されており、テクニカル的には、買いでありません。
素早くポジションを変えてもいいと思います。

Q.8月限のPut買いしてしまい、暴落してくれるのを待つしかないのですが、金曜日中で買い夜間で半額ですので、このポジションは無謀だったのかどうでしょうか?(8/7 H.N様)
A.結果的に、成果はでないかもしれませんが、そもそも勝率はOPの買いの場合、50%は割れますので、無謀であって当然です。
利益が出ない場合は、9月に再挑戦すれば、いいのではないでしょうか?
これと同時に他の戦略をいれることで、これらのロスを消しているのが、OP戦略ですのでお問い合わせください。

Q.2035、1552の現物買いはオプション投資と同じと言えないでしょうか?(8/7 W様)
A.1552の現物買いはPUTの買いに似ていますが、コール、プットともに売るなどの戦略的なポジションは取れませんし、
日経平均と完全に連動するものでもありません。
似ていますが、VIX指数自体が、特殊な物ですので、ヘッジには使えますが、使い方は大分OPと違ってくると思われます。

Q.NYダウの天井の目処はどのあたりですか?先物トライアルはオプションなしでも可能ですか?(8/7 T.S様)
A.天井は今月中かも知れません。先物トライアルは、先物のみ。デイのみ、OP付きなど、選択できます。
すこし今あやしくなってきましたのでトライアルもお早めがいいかと存じます。


例えば、
 投信の始末は?
 暴落で3倍に資産を増やす方法は?
 この銘柄はもう売った方がいいのか?
 オプションで配当を取る方法を教えて!
 先物のポジションはこれでいいの?
 FXはやめるべき?
 初心者なので儲ける方法を教えて下さい。
 投資講座で勉強すれば儲かりますか?

などの質問をお受けします。
どこにもない情報。無料です。
またこのメルマガには、皆さんの質問と答えをまとめて、お送りしますのでさまざまな疑問と見方を読むことができます。

ご希望要項(ご質問 ご希望連絡時間など)欄に 
電話希望時間 または質問内容を書いて下さい。
なんでもお答えします。

bana0810.png
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。