株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



もし、下げたあと、必ず、上がるなら、50円安いときに買って、 記事No.8125

2017-07-07-Fri  14:04:39

先ほどどこが怪しいか抵抗ポイントでお話ししたが↓
_/_/_/_/_/
では、どこが危ないポイントかの解説は↓
限定記事・NYダウ、ナスダック、最重要ポイント割れの解析 

記事passがいるので
◇◇ 人気ブログランキングへ ◇◇ ←をクリックして
このブログの紹介文にある、記事passを入れて下さい。
_/_/_/_/_/

例えば、今日はこんな部分にもある。
朝方安い場面で、日銀が、長期国債の買い入れを増額を行い、日本の金利を下げさせようと試みた。
この結果、円高から、やや円安に動き、
ドルが上昇した。
この過程で、先物もついて行ったが、どうも、重いかもしれない。

これらを観測しているが、ドルの上昇に対して、日経平均先物の上昇が抑えられていて、
東京総合研究所株式情報2017-7-7_13-34-12_No-00

通常はほぼ100%の連帯率、つまり、ドルが上がれた、日経平均先物も上がる、という指数が
-47まで落ちた。
これは、何を示しているのだろう。

こういうことも、考えて、デイトレは行われている。

さて、このデイトレを離れて、深夜になれば、揃って下落した、NYダウと、ナスダックが、どの位置で終わるかが問題。
それは先ほどの限定記事にいれたので、確認されたい。

では、どこが危ないポイントかの解説は↓
限定記事・NYダウ、ナスダック、最重要ポイント割れの解析 

記事passがいるので
◇◇ 人気ブログランキングへ ◇◇ ←をクリックして
このブログの紹介文にある、記事passを入れて下さい。

上がったら買う、について行くのは簡単だが、ピークでも売れないし、高値をつき合うことになる。
それは、それでいいトレードなのかは疑問になる。

もう一つの問題は、日足で下値抵抗ポイントを割れたまま引けた場合だ。

それはこのシグマ-2以下で引けることを意味する。
東京総合研究所株式情報2017-7-7_13-46-22_No-00

通常で終わるのか、異常がでてくるのかは、よくよく見ておかないといけない。








関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ