株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



自民大敗で次の焦点は、月曜日の動きに。 記事No.8106

2017-07-02-Sun  22:29:35

政治が相場に直結するほど近頃は、相場の方が素直でない。

負けても、薄商いなので、最低限の買い物を入れれば、ことは足りる。
全世界は、そういう環境でここまで来ている。

ただ、そんな相場にも転換点はある。
このレベルであれば、どこにいっても、政治が文句を言る場面にはならない。
105円でも割れない限り。

さて、チャートはそれでも、見ておくべきで、特に海外。

先週Web動画で解析したナスダックの週足でのポイントは

下値抵抗ポイント 6145
だったが、

実際は
ナスダック 週足
東京総合研究所株式情報_2017-7-2_22-17-36_No-00

となり、
安値 6087
引け 6140

となり、この下限で引けた。
このレンジは、ブルーゾーンで1週目に当たる。

一方、NYダウは

NYダウ 週足
東京総合研究所株式情報_2017-7-2_22-20-11_No-00

ブルーゾーンの入り口は21214ドルでああったが、
安値21197でこのポイントを試したが、わずかに、ここでとどまった。

さて、週足でのカウントが一番重要であり、この動きをチャート上で確かめられた。

投資講座Cleopatraはこの解説を行い、

移動平均線の使い方から、その意味を実際の場面で解説しています。

重要なのは、変化のポイントを見極めること。

是非、Web動画とともにどうぞ。

Web動画は、初心者でもチャート上でシグナルを解説しています。
詳細は
http://www.888.co.jp/web.html

投資講座Cleopatraは、個別株のリアル解説を交えた実践投資講座です。
詳細は
http://www.888.co.jp/cleopatra.html
2017版はすべで動画で3ヶ月間の実践講座です。
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ