株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

NYダウ週足と昨日OPリベンジトライアルの結果 記事No.7965

2017-03-11-Sat  08:57:37

まず、NY市場は久しぶりに週足での陰線を付けました。

東京総合研究所株式情報2017-3-11_8-57-20_No-00

転換へのきっかけではありますが、まだまだ、移動平均線が上に向いているために、まだ黄色信号にもなっていません。
しかし、ここから持ち合いにはいると、OPが俄然有利です。

昨日、のトライアルOPリベンジでは、

2つのポジションで
+10,000円
+25,000円
と一日で35,000円のプラス 昨日からご入会された方はこのOPのダブルインカムの成果を実感できているはずです。

これらは、方向、勝ち負けを狙うのではなく、OPのプレミムを狙った取引です。

先物OPトライアルでご入会いただけます。
今回は、先物1枚だけ、OPは2枚までという限定付きで、3月以内に100万円を目指します。(保証ではありません)

昨日は1日目で35,000円のプラスであったということです。

先物OPトライアルコース要項(OPリベンジ使用):
今回は、さらに資金効率を高めてあります。
□ 最低資金:300-500万円程度

最低資金:150-200万円程度

□ メールによる売買助言
□ 日経平均先物およびOP取引
□ 会費:16万2000円(税込、契約締結時)
□ 成功報酬額:無料
□ 契約期間:利益100万円達成または3ヶ月間のうち短い期間とする。

初心者の方でも丁寧に指導致します。
お申し込みはこちら
http://www.888.co.jp/trial.html

一方Web動画2月の全成績は
推奨値 → その後の高値
2017/02/08 買い 7458 第一興商 4560 → 4840
2017/02/09 買い 2337 いちご 355 → 384
2017/02/14 買い 2772 ゲンキー 6100 → 6810
2017/02/15 買い 3695 GMOリサーチ 1875 → 1959
2017/02/16 買い 3107 ダイワボウ 296 → 338
2017/02/17 買い 4704 トレンド 4395 → 5090
2017/02/20 買い 3174 ハピネス&デイ 713 → 876
2017/02/21 買い 3766 システムデザイン 582 → 682
2017/02/22 買い 2440 ぐるなび 2223 → 2341
2017/02/22 買い 7521 ムサシ 1717 → 1700
2017/02/27 買い 3916 DIT 2013 → 2119

まだまだこれからでてきます。
株式がいい、と言う方は、個別指導株式コースまたはWeb動画へお申し込みください。

なお、投資相談 週末行っています。
0120-700-888 まで お気軽に。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。