株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


テクニカル分析が当たるわけ?2 株式相談の前に。東京総合研究所の株式情報 記事No.7956

2017-02-17-Fri  19:25:01

前回の記事で、まずテクニカル分析は当たらないとした。

まだ同時にNYダウは、米粒のひとつひとつを積み上げて、山のように盛り上がったが、最後の一粒を乗せた後のそれがどんな形で崩れてくるか想像もできない。

テクニカル分析はその最後の一粒を計ることなどでない。

投資家は、おそらく、この不可解な相場が2ヶ月以上も続いていて、完全に麻痺した。
すべての理由を株式市場に求めるのなら、

トランプは思った以上によい大統領だし、
政策は、悪いことはひかえめに、良いことは徹底的に行う、とい意味を相場に取り入れてきた。

ベルリンの壁が崩壊して、世界平和になったのは
1989年11月9日

それで世界はなお、日本の株を買いに行った。

政策や戦争や理屈は相場に通用しない。

そしてテクニカル分析も当てにならない。

そう分かってテクニカル分析を学ぶことが大切なのに、
投資家は、テクニカル分析に神の心が宿っている、とする。

もし宿っていたとしても、それは、二つ。
一つは気まぐれと、ひとつは、・・・なのだ。

この部分については、投資講座で。

ドルは次の抵抗ポイントが108.6円までない。



何が起こってもそれは一つの歴史の一部、それも繰り返されたものに過ぎない。・・・

関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ