株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



テクニカル分析が当たるわけ? まずは入門。株式相談の前に。 記事No.7955

2017-02-16-Thu  14:15:17

もし、あなたが、最初に株を買おうとして、本やさんに行って

勉強する方法を見つけたとしたら、それは勉強する方法を見つけたのであって儲ける方法ではない。

もし、その本に書かれていることが正しければ、その本とおりにやって儲かるとすれば

それは、市場が馬鹿だ、と言っていることと同じだ。
ここがミソ。

つまり、市場はすでに効率化されていて、そこからどんな勉強方法を持ってしても、儲けられないということだ。

これはこの本を読んで見れば分かる
株式情報チャート__2017-2-16_13-59-4_No-00

これ↓


これをよく読んで、勉強したくらいでは儲からないことを知る。

なぜなら、簡単に儲かるなら、だれも税理士の勉強なんかしないし、会社もやらない。

これを理解しないと進まない。

勉強しても、儲からないが、本当の勉強をすれば、儲からないことは分かる。
また実践すれば、その勉強でも儲からないことが分かる。

なぜなら、良い銘柄はすでに高いのだから。←なぜならみんな勉強して、買うから。
 

さて、言いたいのは、同じ意味で、テクニカル分析を勉強するときに考える必要がある。
何%当たるのか?

それが、勝率55%行けば、いいシステムと言える。

例えば、
東京総合研究所株式情報2017-2-16_13-10-59_No-00

このうちのシステムは2007年から4枚建てで値幅は214円
ドル円1単位当たりの値幅は9年間で50円ということ。
それが取れると証言できるかどうかは別にして、それでもこのシステムがたたき出す勝率は
53.25%にしか過ぎない。

今、買い転換で1枚であるが、113.41を割れると、これが解除される。

それを小さく積み上げる。
トレード回数は、決済を含めて415回。
これが多いと手数料で実際は儲からない、ということになる。
結果としていいシステムだと思うが、これで精一杯だと思う。

これ以上に複雑にしても、カオスに飲み込まれるし、これがテクニカル分析限界でもある。

最後にこの意味を込めて、投資家が考えなければならないことは一つ。

テクニカル分析がなぜ当たるのか、それをどの教科書にも書いていない、ということだ。

つまり、神様=テクニカル分析 
がいて、これを証明しない、ということだ。

テクニカル分析を単純に信じることは、それは宗教においてと、代替される。

当たる理由が書いてある、教科書を探せば、なんとかなるが、それはない。
当たる、としてる。

当たっても、55%は行かない。
それを当たる、と言ってもいいが。

真実はもっと奧に隠れている・・・・

つづく・・・・


人気ブログランキングへ








関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ