株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報


最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


新春相場のテクニカルポイントと投資相談・今年の戦略は?東京総合研究所 記事No.7908

2017-01-05-Thu  14:54:13

投資相談で最も多い質問が、天井はどこであるか、大底はどこであるか?です。

しかし、それは大局観を持ちたいが故の優越感と、安心感を得るためであり、実際にはそれらを知ろうとする苦労は報われません。

世の中、相場に正しい物は存在しない故に、正しく間違えること、同じ方法で間違えることも必要です。

それは、シミューレーションでは、ドローダウンをどう扱うか、にかかっています。
もし、ドローダウンを許さないのなら、それは債権の利回りを狙うことくらいしかなくなります。

ドローダウンを許さない限り、いつも同じレベルの損切りで終わります。

例えば、ドルは、今回、12月の高値を取りに来ました。
おそらく、ここで、ストップロスの買いが入って、いったん天井を付けるはずです。

天井はいつも、逆サイド、つまり、上昇波動なら、売り方の買い、
大底はいつも、下降波動なら、買い方の売り、で作られるからです。

そこでやめるなら、相場の餌食になって終わるだけです。
年始に116円まで行って、118.60円までとり、また116円に戻ってきています。

今回は、ドルが、天井をクリアせず、昨日、株価だけが高値をとりました。
しかし、ドルあっての世界なので、このドルの動きを冷静に見ておかなければなりません。

ドルが高値を取らずに、下値を割れたのなら、株価もつき合う可能性があります。

ドル円 日足
東京総合研究所株式情報2017-1-5_14-46-38_No-00

ただ本日はテクニカル的に下値抵抗ポイントに達しました。
東京総合研究所では、これらをモンタナバンドを通して解析しており、下値抵抗ポイント以下は行き過ぎです。

問題はこのレンジが下に向いていくかどうか、なのです。

上に2回のトライ、下に2回のトライを完了しそうです。

ここまでWeb動画では、一部の薬品株だけの買いで、これ以降は押し目を待ってとしています。

押し目か、ダウントレンドかは、全く待って見るべき物だからです。

さて、例えば、OPで今日のプレミアムを取ろうとすれば、

CALL-01 260円 寄り付き売り1枚
PUT-01 150円 寄り付き売り1枚

どうなるのか、引け以降に見ておきましょう。





関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ