株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

東京総合研究所|新春相場展望2017-1 NYダウについて。 記事No.7905

2017-01-01-Sun  12:42:58

明けましておめでとうございます。

2017年新春相場がどうなるか、それぞれのテクニカル分析チャートから見て行きます。

NYダウ 月足
東京総合研究所株式情報_2017-1-1_11-38-58_No-00

月足ベースで上昇しているため、大きな危機に発展することは今はない。
ただし月足のために、この足でピークを捕らえることは難しく、天井をゆっくり形成できないのが、この月足でもある。

ちなみに、2008年のリーマンショックでは
東京総合研究所株式情報_2017-1-1_9-18-33

レッドゾーン割れの大きな陰線(前年から)始まっているため、歴史的な動きは、このように、レッドゾーンを割り込んでからとなる。

さらにちなみに、1929年の大恐慌前も、まず、月足の陰線+レッドゾーン割れ、から起こっているため、この統計は信頼性が高い。

1929年 NYダウ 月足
東京総合研究所株式情報_2017-1-1_11-46-41_No-00

次にレーガンの時はどうであったのかを検証します。

-------------------
さて、昨年度は、お世話になりました。
改めて御礼申し上げます。
-------------------
2016年忘年会で。

その昔、30年位前、友人がこう言った。
「大山、30万円する時計買おうと思うんだけど、どう思う」
「なに、それ?」
「ロレックスって言うんだ」
「え、30万円なんてあり得ないでしょ?」
「違うんだよ、これは値が下がらないんだ」

私は、この競馬好き、とくにテンポイントが好きだった友人の言葉を信じなかった。
だが、彼は、正しかった。
今だに、30年経っても、彼の正しさは、堂々と証明されている。
先日、彼に会ったとき
東京総合研究所株式情報_2017-1-1_12-20-22_No-00
よくオレンジ選んだね!と言われたときは、褒められた気分であった。
買ってから5年しても値段が上がっているんだから。・・

さて当時の会話はこう続いた。
何せ時計は、NASAから持ってきたクオーツって言う一秒に32,768回振動するものを1秒とカウントする技術を至高のものと考えていたし、正確さこそ時計の命って考えていたのだから、否定的にはなる。
でも彼が値が下がらないって言うのを100歩譲って信じるとしても、当時の若者に、この価格は裁けない。
それで、こう言った。
「でも30万円ってどーするの、馬券でも当たるのを待つ?」
彼はこう言った。

「丸井の月賦っていうのがあるんだ」
「何、げっぷ?」
「1万円で買える!!」

クレジットと言う言葉を浸透させた、赤井カードの丸井で買う、という話だった。
彼は間違いなかった。
当時、伊勢丹でしか買えなかったブルックスのボタンダウンも、所詮、大同毛織と同じで、中に着たらわからないし、
縫い目は日本製がすぐれていると言い出していたし、先端だった。
そんな彼のおすすめは、ドゥービーブラザーズのセプテンバーだった。

さて、その丸井は、今、なんとカラオケになっていてビックリした。
前置きが長かったが、渋谷は30年振りに大きな変化が見ている。

それももっとも豪華なカラオケボックスで驚いた。

東京総合研究所株式情報株式情報_2017-1-1_9-23-35

2016年(株)東京総合研究所忘年会の様子。
東京総合研究所株式情報_2017-1-1_11-40-40_No-00
動画はインスタグラムに。
顧客管理部の演奏と唄。
https://www.instagram.com/p/BOoOz0ChJWL/?taken-by=montana.888

前置きの長い、忘年会の話終わり。

次の記事はクリックしてお待ち下さい。レーガンの時のNYダウのパターンは参考になるか?



関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。