株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

世界が平和になることはにない。理想から現実へ。だからOPリベンジ 記事No.7902

2016-12-30-Fri  09:50:07

もし、テクニカル分析をやるのであれば、冷静に、同じことを繰り返す必要がある。

統計的な分布は、もちろん100%ではない、しかし、それは確率的に現れてくるはずなので、
行き過ぎを行き過ぎ、と判断しなければ、またも感情に沿ってトレードを行うことになる。

勝つ確率は62%にしか過ぎない。
なぜなら、それくらいこのトレードシステムが真実だからだ。

日経平均は週末のレンジを先週このように算定していた。

kabu2016-12-30_9-5-8_No-00.jpg

現在、このポイントをタッチした。

統計的に言えば、理想的 と 咎め は バランスが取れた状態で提供される。
しかし、今回のように、それが偏って動く場合も多い。
それを偏り、と捕らえずに、変化と捉えてしまうと、常に逆、逆になる。

その時に勝率は50%を割ることになる。

投資家が最後の場面で逆を行うのは、途中で、自分の都合で、戦略を変えてしまうからだ。

さて、Web動画では、一貫した戦略のもとに、
今年の年末は、クリスマスのプレゼントも期待せず、掉尾の一振があったとしても、すべてキャッシュにして年を越す提案をしてきた。
その2週間前に、トランプ系銘柄を決済を指示した。
例えば、資源、例えば、銀行、証券、などだ。

東邦亜鉛(5707) 資源関連
kabu2016-12-30_9-26-0_No-00.jpg

一方、先物OPを使ったシステム、OPリベンジは、今回3日間の無料トライアルを公開した。
平均10日間、平均利益40万円の結果(8回分)となった。
建玉は3枚程度までだっったので、平均必要証拠金は200万円程度だった。

なぜ、OPなのか、といえば、市場は今後も混乱が続くからだ。
この1ヶ月は理想を買ってきた。

しかし、前述したように、理想の大きさと、咎めの大きさは比例する。

さて、OPリベンジを行うか、このWeb動画で戦略を練るか、

昨日の朝の放送公開↓




是非、ご参加ください。

お問い合わせは ここ

Web動画、トライアルは
http://www.888.co.jp/services.html

年末年始、無料相談を行います。
0120-700-888
またはメール ここ で。

本年度の事務は20時で終了します。

本年もこのブログ、および動画をご視聴いただき、誠にありがとうございました。
来年度も精一杯情報を精査してお届け致しますのでご愛顧の程よろしくお願いいたします。

年末のみんなの見解は↓




関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。