株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報


最新先物オプション情報は→→ 株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


薄氷の未来3 文化褒賞受賞記念連載 記事No.7861

2016-11-05-Sat  16:10:57

文化褒賞受賞記念連載

前回、薄氷の未来2では

株式情報_2016-11-5_15-31-31_No-00

ということでした。

さて、今回なぜに、この時期に、もともとのFBIのサポートである側の要請を蹴って、メール調査に入ったのかを
考えると、それこそ、ジェイソンボーン以上かも、しれないと臭わせます。
事実は小説の描けないことをやってのけるので、市場は気にしているのです。

この闘いは、女性軽蔑者 対 側近が未成年者を買っていた という闘いで、どうみても、
未来を期待する展開ではありません。

それでおきながら、今年は、SP500も、ナスダックも、そしてNYダウも、史上最高値を更新して、すべて未来を先取った形をとっています。
いま、市場はその位置のあと、であることをいつもお話ししているわけです。

そして、ここに来て、SP500は、あのリーマンンショックでも、ブラックマンデーでも記録しなかった9日連続安を記録しました。
35年間でもっとも上がらない長い日が記録された訳です。

しかし、それでも、それらは、懸念が小さな形で出ているためで、市場は、特異な未来を織り込んでる訳ではありません。
結局は、クリントンが勝つ、というものを織り込んでいるに過ぎません。

今後、このトレンドが一時戻った時こそ、やはり、ヤバい展開になるわけです。
その理由は、言うまでもなく、いままのツケがどう市場に落ちてくるか、を誰も計れない、
いや、計らないからです。

人類史上発のマイナス金利に踏み込んだ世界は、それをプラスに戻すことが許されるのかどうか、
今後はそのポントを見ておかなければならないでしょう。

NYダウチャートは先週、モンタナバンドが予想したレンジに入って終わりました。

NYダウ 週足
株式情報_2016-11-5_15-34-5_No-00

このレンジに収まったことは、このバンドが正確にトレンドをトレーズしている印です。

ちなみに、ボリンジャーでは
株式情報_2016-11-5_16-4-12_No-00

シグマ-1に引っかかった程度で、トレンドが見えていません。

今後は、もちろん、まず、大統領戦ですが、その先がなお、怪しいのが、今回の流れです。

いつどこでも、割れる氷の上、であることに変わりなく、それでもヘッジが必要ないなら、それはそれで主義でしょうが
物事はいつも、最高の幸せ、高値のあとに起こる物です。

最初で最後の30%オフ 受賞キャンペーンお知らせは◆ここ◆


関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ