株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

薄氷の未来3 文化褒賞受賞記念連載 記事No.7861

2016-11-05-Sat  16:10:57

文化褒賞受賞記念連載

前回、薄氷の未来2では

株式情報_2016-11-5_15-31-31_No-00

ということでした。

さて、今回なぜに、この時期に、もともとのFBIのサポートである側の要請を蹴って、メール調査に入ったのかを
考えると、それこそ、ジェイソンボーン以上かも、しれないと臭わせます。
事実は小説の描けないことをやってのけるので、市場は気にしているのです。

この闘いは、女性軽蔑者 対 側近が未成年者を買っていた という闘いで、どうみても、
未来を期待する展開ではありません。

それでおきながら、今年は、SP500も、ナスダックも、そしてNYダウも、史上最高値を更新して、すべて未来を先取った形をとっています。
いま、市場はその位置のあと、であることをいつもお話ししているわけです。

そして、ここに来て、SP500は、あのリーマンンショックでも、ブラックマンデーでも記録しなかった9日連続安を記録しました。
35年間でもっとも上がらない長い日が記録された訳です。

しかし、それでも、それらは、懸念が小さな形で出ているためで、市場は、特異な未来を織り込んでる訳ではありません。
結局は、クリントンが勝つ、というものを織り込んでいるに過ぎません。

今後、このトレンドが一時戻った時こそ、やはり、ヤバい展開になるわけです。
その理由は、言うまでもなく、いままのツケがどう市場に落ちてくるか、を誰も計れない、
いや、計らないからです。

人類史上発のマイナス金利に踏み込んだ世界は、それをプラスに戻すことが許されるのかどうか、
今後はそのポントを見ておかなければならないでしょう。

NYダウチャートは先週、モンタナバンドが予想したレンジに入って終わりました。

NYダウ 週足
株式情報_2016-11-5_15-34-5_No-00

このレンジに収まったことは、このバンドが正確にトレンドをトレーズしている印です。

ちなみに、ボリンジャーでは
株式情報_2016-11-5_16-4-12_No-00

シグマ-1に引っかかった程度で、トレンドが見えていません。

今後は、もちろん、まず、大統領戦ですが、その先がなお、怪しいのが、今回の流れです。

いつどこでも、割れる氷の上、であることに変わりなく、それでもヘッジが必要ないなら、それはそれで主義でしょうが
物事はいつも、最高の幸せ、高値のあとに起こる物です。

最初で最後の30%オフ 受賞キャンペーンお知らせは◆ここ◆


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。