株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

ひとへに風の前の塵に同じ。平和の中で生きる相場について。 記事No.7774

2016-07-30-Sat  00:06:12

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

----
ニュースを聞けば聞くほど、分からなくなる。
今日の相場は、日銀の緩和が行われることを前提に動き、それでその通りとなった。

ただ、やったのは、ETFを増額しただけであり、上場株式の買い支えは行われるが、
輸出関連株には関係のないこと。

ドルに言及する、マイナス金利はいじらず、だんまりだった。
ここでは、だんまりくらいしかできない、ことを感じておくべきだろう。

本当は、ヘリコプターマネーでも出てくれば、なのだが、これはアメリカに怒られる。
ドルに影響するからだ。

相場の真実は その買い支えられるべき銘柄がこんな動き

株式情報_2016-7-29_23-37-39_No-00

でこれが真実。
証券界は、なんとか、乗り切れたとするが、自分では買わないだろう。

さて、ドル次第で動いてきた相場は、アメリカの経済がよっぽど強くないと、救われない。

なぜなら、金利が上がることが、どれほどのレバレッジの影響を受けていくか、想像もつかないからだ。
それを今年、相場は確認している。

金利を上れば、ドルが上がり、レバレッジのマイナスバイアスもかかる。

この二つの大きな障害を跳ね返すだけの、力が、どこかになければ、
それはどこかが犠牲にならなければならいということなのだ。

今日の差には、下値抵抗ポイントを意識した。
株式情報_2016-7-29_23-37-26_No-00

昨日、計算されていた、下値抵抗ポイント15801円に対して、ザラ場では、15910円まで近づいた。

では、もっと重要な週足ではどうだったのか?

まず、ドル円は週足では下値抵抗ポイントを割った。

ドル円 週足
株式情報_2016-7-29_23-51-6_No-00

でも日経平均はこれを守った、
なぜなら、ETFの買いを期待したからだ。
しかし、これも夜間先物では割り込んでいる。

日経平均 週足
株式情報_2016-7-29_23-51-19_No-00

では、同様に来週は、どこまで戻せば、まだ、持ちこたえられるのだろうか?

それはここに解析した。

■ 限定記事・来週の重要な抵抗ポイント 日経平均 ■

記事passがいるので
◇◇ 人気ブログランキングへ ◇◇ ←をクリックして
このブログの紹介文にある、記事passを入れて下さい。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。