株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

全ては許すことから始まる。NY市場上値抵抗ポイント到達にみる明日! 記事No.7741

2016-07-02-Sat  12:15:00

英国のユーロ離脱から一週間が経った。
市場は「のど元過ぎれば」で、まったく何もなかったかのように戻っている。
そうだ、全ては許すことから始まるのだ。

◆浮気を発見!◆ でも許すことから始まる。
何事もなかったように戻り。
そして、また浮気は何事もなかったのかのように繰り返される。
浮気が直ることはない。

許すこと <>(ノットイコールと読む) 浮気が直る

解決とは違う。それは約束では直らないものだ。

市場はこのあと、同じ繰り返しをまた経験する。
問題の本質は、変わっていない。
最初の問題が、のど元を過ぎただけだ。

世界はこれからさらに自分のことだけを考え出すようになるだろう。

さて、チャートは上値抵抗ポイントで止まった。

NYダウ 日足
株式情報_2016-7-2_11-19-10_No-00


また日経平均先物は、いつものシステムでは、最初の売り転換を木曜日に出した。(会員動画で報告 申込みはここ

日経平均先物 日足 モンタナチャート
株式情報_2016-7-2_11-52-58_No-00

↑これら勉強をするのはいかがでしょうか?
↓それで

さて、投資講座のご案内です。

今回、新たに、投資講座が、より実践的に、さらに毎月の受講がカードで決済できるようになりました。
この初回キャンペーン時にお問い合わせのあった方は、
キャンペーン価格、投資講座 月々21000円を16800円に割り引き致します。

以下要項です。

■■Cleopatra 実践コース 教材費込み■■

□□価格:21000円(月々) 3ヶ月で終了 
**ただし、キャンペーンを見た、とメールでお問い合わせのあった方は、20%オフで
ご案内します。 ここ
(投資講座案内希望とお書き添えください)

□□内容:140ページの教材+毎週、それらの実践動画を配信します。
個別株、指数、為替、時流に沿った物の解説を実践します。

□□決済方法: カード(VISA MATER) のみ、1ヶ月ごとの課金。

□□配信方法:教材PDF 実践講座 動画で配信(youtube)

是非お問い合わせください。

さて、ドル円も102.50円で終わってきました。

いよいよ、皆さんが動く時です。

決心がつかない方は、無料相談へどうぞ。

03-3400-2007 です。 今週やっています。


20-logo01.jpg



決断がつかない方、お待ちしています。

物事は、許しても、繰り返される、それが経験です。
解決しなければ、同じです。
我慢しても。同じ。

03-3400-2007

割引はメールで。21000円 → 16800円 ここ
(投資講座案内希望とお書き添えください)

開始日 7/8 予定
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。