株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記・投資相談


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
人気株ブログランキング最新情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ

儲ける方法2018無料登録はメール版はここ


【儲ける方法LINE版↓】
株・先物から仮想通貨まで徹底的な儲ける方法を狙います。
新しいヒント、方法、可能性、をLINEでお楽しみください。
登録追加↓
株式情報ビリオンタッチ

実配信の実績はこちら

→この株ブログ初めての方はここ(特徴・読み方・難易度)←
→ 【テクニカル分析大全】リニューアル開始 ここ←
→ 投資情報は25年の伝統投資顧問・東京総合研究所←

いよいよ審判が始まるユーロ市場でなにが起こるか? 記事No.7727

2016-06-19-Sun  11:10:09

市場はいよいよ、来週イギリスがユーロから離脱する可能性を見ながら、
大きく動けない状態になる。

あまりに下がりすぎて、実際にユーロから離脱しない、こと
ユーロから離脱しても、政府が介入するかも知れないこと、
などを気にしながらの動きとなる。

もちろん、ユーロから、英国が離脱しないことが一番だが
それでも、問題が残る。

本来、これはすでに火だねとなっているからこそ、離脱を覚悟しても、やり遂げるべきという政策が
移民対策であるからだ。

ここまでは、移民を、道徳観念で受け入れてきた、各国であるが、ここに来ては背に腹はかえられなくなっている。

前回のドイツの移民実情にも触れたが、そうとうにストレスが溜まっていて、これは解決しようがない。

なんと言っても、経済が落ちることが、自然な解決策だからだ。

それか、一つの国が残るために、他を犠牲にすることと通すかどうかだ。

アメリカにしても、ドルを犠牲にせず、日本に犠牲になってもらうスタンスは変わらない。

移民問題は、もう一度、各国が、どこまで利己的にならないかを試しているのだが、
ドルをみても、利己的にならないことは、今後ないようだ。

それらなら、介入か。

さて、システムではドル円は、売りのまま

ドル円 日足 モンタナシステム
株式情報_2016-6-18_12-2-23_No-00

動画では毎日ポジションをお送りしています。

経済を読むのではなく、とるべきポジションを示唆します。

なお、いよいよ、移動平均線が危うくなったNY市場の動向については、
この記事に


限定記事・NYダウはいよいよ黄色信号灯る 来週の抵抗ポイント

記事passがいるので
■■ 人気ブログランキングへ ■■←をクリックして
このブログの紹介文にある、記事passを入れて下さい。

そして、ヘッジを考えている方はまず、動画へ。


底打ちまで完全解説





関連記事


コメント: -
面白ければ株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←最新情報はここ。

株ブログ