株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

バブルの始末と現代2 記事No.7701

2016-05-23-Mon  18:27:06

バブルの始末と現代1


前回
株式情報_2016-5-22_10-51-32_No-00

歴史は繰り返すが、それぞれ違う和音でやってくる。
しかし、それが ヘビーローテーションであるのは、以前、お話しした。
見ていくのは、この瞬間の音ではなく、コード進行であり、それがチャートに現れるということだ。

さて、日経平均が3倍でバブルを向かえたと同じように、2005年からリーマンまでの3年間で中国の株価指数は
1000ポイントから6000ポイントまで6倍になった。

如何にこのバブルが大きかったのかが分かる、
そして如何にこの始末に時間がかかるのであろう、かも分かる。

同様に、日本も3年間で8200円から20900円まで2.5倍になった。
リーマンの7000円からは3倍に達した。

しかし、それもこれも、ドル安のお陰なのだが、問題は、この弾けるバブルの中で、一人高値を更新している
青いライン、NYダウだ。

リーマンで付けた6470ドルから今年3月の高値18351ドルまで3倍くらい。

今回のG7でも、

財政を優先させたいドイツ=移民を受け入れているので、なおさら本当は大変。
https://www.facebook.com/BillionTouch/posts/1073836522675839
Facebookで書いた↑

ドル高のほうがいい欧州。

選挙前に経済の失速は許されない米国。

とそれぞれの立場を譲れない。

一番譲れないのは、日本のはずなのに、また100円までとか言われてると、そのコンセンサスの中でファンドを組む必要がでてくる。
ドル安である限り、労働力を国内に持って来れない。

今、一番はやっているものは、何か?

それは1300円で300グラムの立ち食いステーキと
60分で3000円のマッサージだ。

満員!。価格が半分だということは異常に強い。

さて、次に、この繰り返された歴史の中で、いよいよ音楽界が、カバーオンリーとなって枯渇したメロディーに危機感を抱きながらも解決策が、ラップしかないように、
世界の経済は、あの、歪んだエレキギターを、自然な歪みに持っていくために(ヘビーローテーション3 参考)試行錯誤することになるだろう、それは、それでも解決されない試行錯誤だ。

それはいつから起こっても不思議はない。

そして、ここで我々が考えるのは、
我々が、単なる投資家であるということだ。

その投資家は、儲けることを目的として、その他の自体の収拾を目指して集会を募るものではない。

ただ、一つ、投資家ののぞみは、開かれた市場だ。

それはつまり・・上がる、下がるより問題なこと。
それはつまり・・歪んだ相場でなく、・・・   つづく・・・・

次回・予告
--
前回まで歪んでいることに焦点を当てた、それはビートルズのエレキの自体を経て、米国が製造業から金融へ、
宇宙から戦争に走り出したときから・・・・・ 

読みたい方は以下をクリックしてお待ち下さい。





関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。