株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



窓を埋めればそれていいのか?の例。今日のお勉強の材料としています。 記事No.7673

2016-05-10-Tue  21:07:54

さて、予定通り、戻りました。
もっと戻ってほしいものですが、業績発表もピークを打つと、また目先の利食いに走ってきます。
それでも今日のように、連続ドル高なら、市場は安心なのです。
いつまでたっても、このドルがすべてです。

さてチャートでは戻って、下がった時の窓を埋めました。
いわゆる窓埋めです。

今日のお勉強は、株式情報でもっとも重要なテクニカルの急所です。

株式情報_2016-5-10_20-17-44_No-00

今日はこのように窓埋め、16500円となったわけです。

しかし、もし窓埋めのあと、このような動きになると、どうなるのか?
株式情報_2016-5-10_20-19-20_No-00

というのを今日のお勉強の材料としています。
以下で行っています。↓↓

限定記事・急落の後の戻り、のその後が一番大事を過去の例から探る。
http://kabublog.jp/blog-entry-7672.html

記事passがいるので
◆◆ 人気ブログランキングへ ◆◆←をクリックして
このブログの紹介文にある、記事passを入れて下さい。

窓を埋めた、それは万歳なのか?その万歳は、買い方の万歳なのか。売り方の万歳なのか?
不条理な相場を勉強したい方はどうぞ。↑

関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ