株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報


最新先物オプション情報は→→ 株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


限定記事・日銀が何もしない場合の緊急対処とそのポイント 記事No.7639

2016-04-29-Fri  00:35:46

今回日銀が何もしないことで、向こうもぎりぎりだと分かる。
が、問題は、それはすぐには表面化しないので、まだまだ、何かやることを期待する。

しかし、いつの暴落も、始めに予兆があって、そのあと、数ヶ月で、ものごとが分かってくる。
それはリーマンショックの時も同じで、前半はまあまあでいく。

たとえば、GWに高値を取ってくる場合もある。
しかし、それは年後半の調整を否定するものではない。

この時期に、これだけぶれるのは、まだ基本的に、市場に参加者がいないということだが、
向こうは違う。

向こうは、参加者がいるだけに、向こうの危険度は実は日本より高かったりする。

そのポイントをどこで計るか、というと壁で計る。

その壁は週足での下値抵抗ポイントで、このポイント守っていれば、問題ない。
守っていなければ何でも起こる。

NYダウ 週足
株式情報_2016-4-28_23-55-7_No-00

今週は17692ドル、ここまでは、許せるポイントで、これ以下は、黄色信号。

とにかく、今年はこの繰り返しであるが、どこかで、NYが変調をきたす。
その分岐点が、このレッドゾーン割れ。

そもそも、日本はすでに割れていて、最後の砦がこのNYダウ。

GW明けから、再度ヘッジが必要となるかもしれない。
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ