株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



一声、1000円の相場がつづく、それがアノマリーになってきた。 記事No.7633

2016-04-28-Thu  17:14:25

日銀がらみの相場で、この頃はそのブレ幅が、一日で1000円というのが、当たり前になり、

これは昔で言えば300円、の幅、の材料。
それが、3倍になってきたということだ。

今回の、ネガティブサプライズで、一週間前に相場は戻った。
上げておいて、下げる、という作戦が組まれている、と、アノマリーが示している。

チャートでは、上値抵抗ポイント17130円の重要な抵抗ポイントをとってようやく、楽になったところであるが、
今後は、下値を確認する必要があり、次の抵抗ポイントが、さらに上になった。

株式情報_2016-4-28_16-47-17_No-00

抵抗ポイントをとったあとの押し目であるが、値が深く、このレンジで推移するとようやく取った26日線が転換してしまう。

当面はまず、このレンジ(165000-17000)を離脱する必要があるが、この500円をどう取り返していくか、だけが、問題だ。

株式情報_2016-4-28_16-53-41_No-00

日銀の会合が6月であるが、この前の、伊勢湾サミット、G7をあるので、材料は出てくるため、
売り込みも難い。
ただ、今回の日銀の会見では、

銀行株の救済策は、銀行は苦しくない、として出なかった。

よって、引き続き、変えるのは、2業種+1業種しかない。



投資相談で、お持ちの株の判断をお知らせします。

まず、今は絶望のあと懐疑の状態であり、とても、変えない株価、=安いという意味、の銘柄。
市場を関係のないトレンドを歩む銘柄、と別れてきます。

今日、押しの小さい銘柄は、回復に時間がかかりません。



お問い合わせ 
03-3400-2007
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ