株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

新・儲ける方法2016-1アノマリーでの話を信じるか、感覚を信じるか? 記事No.7590

2016-04-19-Tue  17:51:31

儲けるために必要なことを列記していきます。
だれも触れないことが非常に重要であったりします。

まず、チャート分析がどうして良いか?です。
答え:統計がとれるから。 です。

例えば、俺だったら、あの高値売ってたよ、みたいなだったら系を、計算的に排除できます。
精査すると、俺だったら売ってたかも知れないですが、その前に、俺だったら、

■■ とうの昔に売り去って持っていません。 ■■

これは、錯覚なのです。
チャート分析はシミューレーションが要です。
それで、曖昧な感覚を排除します。

それは本当に儲ける方法で、儲けた気持ちにだけなる こととは違います。

これが一つ。
次に、同じ意味で、考え方を一つにします。

株は、売りか、買い、しかありません。

一つの分析なら、どちらかでます。
しかし、100の分析で
60個は買い、
40個は売り
の時どうしますか?

60%買いますか?
では、ここでパラドックスを提供します。

80%で買い、
99%でも買い、
とうとう、全てのシグナルが、100%買いになりました。

・・・それは買い?ですか?本当に? 
ピークって言うのではないですか?

このように、すべてが、強いことを数で計ることはできないのです。
100の分析より、3の分析の方が実用的です。
そして、さらに、数が多ければ、それは答えがでないことになるのです。

ここまでで、
チャートを使用する、
一つの分析法、考え方に絞る、
まで確認しました。

次にです。
重要なのは、許す、ということです。
人生と同じ。

許さない、ということは、相場解析に100%を求めるということです。
それが無いことは分かりますね。
勝率は、何%でしょう?
どれくらい儲からない時期もあるでしょう?

前者は、60%を越えることは難しいです。
もし、80%の勝率分析法があれば、複利累乗となって、100万円はすぐに100億円をも越えます。
80%の勝率とはそいうことです。
それを、向こうは許しますか?

そこでこれがあるように感じている投資家に伝えましょう。

ジャンケンで8割勝つ方法

相場で8割勝つ方法
は同じです。

なぜなら、負ける相手がいない限り、あなたは、買えます=株価を上げる、ことはできますが、
売り逃げられないからです。

これは、一時の仕手相場と同じです。
仕手筋は、特定の銘柄を、集中的に買っていき、どんどん値を上げます。

**いまは禁止されています**

それで、発行株数の20%以上をも集めて100円の銘柄を1000円まで買い上がります。
自分の銘柄が10倍になるのです。
では、それは儲かった、ってことでしょうか?
いや。
それを儲かったとするためには、1000円まで買った銘柄を、1000円で売らなければなりません。
1000株なら売れるでしょう。
しかし、発行株数の20%の株を、1000円で売れますか?
買い手がいません。
買い手がいるまで価格を下げれば、それは、平均買値を下回ります。

上げることは誰でもできます。
しかし、裁けないのです。

つまり、そういう美味しい話はない、ということ。
仕手筋の情報を知っていて、儲けるには、先に、自分だけ売り逃げないといけません。
それを仲間割れ、というのです。

つまり、市場を騙しつづけないといけません。
ジャンケンでしょう?

8割の勝ちはないのです。

では確実にある、勝ちはなんでしょう。
それが、公定歩合です。
0.5%なら
100回やって、50.05回勝ちます。
昔は公定歩合8%でしたから、
100回やって、54回勝って、46回負けたのです。

さて、それを以下に、50%以上に持っていくが投資方法です。

それでは、儲からないように見えますが、
55%の勝率はとてつもなく、大きなものです。

もう一度いいます。
こういう計算をできるからこそ、テクニカル分析なのです。

さて、勝率が、それ程高くなければ、一本調子では上がりません。
その時期にこういう時期があります。

あなたの勝率が50%の時のコンピューターシミュレーション

株式情報_2016-4-19_17-37-3_No-00
運が良ければ、こんなもの。

株式情報_2016-4-19_17-36-42_No-00
運が悪ければ、こんなもの。

株式情報_2016-4-19_17-37-22_No-00
大抵はこんな収益ラインで、いったり来たり。

しかし、です。
もし、勝率が55%ならどうでしょう。
大抵、このようになります。
株式情報_2016-4-19_17-37-34_No-00

さて、そんな勝率を求めなくても言い訳ですが、そんな勝率に惹かれます。
それはない!と断言しておきます。
あれば、グーグルの資産をすぐに越えています。

それでも、遙かに大抵の投資家が、儲からないのは、
二つの理由があります。

一 反対を行うからです。
二 やり方をすぐに変える。

これは同じようなものですが、とくに、感情に流れれば、反対を行きます。

さて、足早に説明しましたが、ここまでで、非常に重要なことが分かったはずです。

チャートを使って、
統計的な処理をし、
同じやり方で、
相場のブレを甘受する。

そうすれば、おもったより、長い、ブレのあと、おもったより、大きな利益が生まれます。

では、次は実際にどうするか?
です。・・・・・・・
でも、このことを覚えておいてください、
これは永遠の基本で、忘れてはなりません。

次は、テクニカル分析取り扱いの方法です。

つづきはここをクリックしてお待ちください。

人気ブログランキングへ

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

新・儲ける方法

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。