株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


結局何もしない。落としどころが大切。 記事No.7540

2016-04-08-Fri  15:33:13

昨日のこの記事
株式情報_2016-4-8_14-55-20_No-00


の中では

「売り方は、無防備な、つまり、介入否定を国際公約とした日本やG20が何もできないことをたてに、
何度でも売りを仕掛けて、何度でも成功している。
柳の下にどじょうは10匹もいるし、さらにどこまでもいける構えだ。
財務省、政府もなめられたもので、フォローする、投資家も、国もない。
これが、日本の政府だ。
しかし、否、このまま、この売り方に取っての仏市場も、3度も苦杯をなめられても、余裕の祐ちゃんは続くのだろうか?
そろそろかも、しれないと考える投資家もひっそり増えているかもしれない。」

動画でも、昨日も全てのものには、限度がある、とお話しをしました。

昨日は引けからナイトで400円も下がり、今日はそこから700円も上げた。

これだけ動くと、天底ばかりが気になる投資家は、何もしていないか、
昨日の安値で売っているか、今日の高値で買っているかのどちらかだ。

例えば、昨日、買えなかった投資家は、
だからと言って、さらに安いナイトセッションでも、買わない。
結局は何もしないか、今日売りに行くか、のどちらかだ。

天底をこまめに当てようとするのは、気持ちだけに留めて、ある意味では、
ノイズは、無視していかないといけない。

すでに、伊勢湾サミット前に、日銀金融会合があり、売り方の落としどころを探す場面である。
その落としどころを、底値まで引っ張ってはいけない。

底値までみても、所詮底では買わず、結局は高いところを買うことになる。
今日買わなければ、来週の高いところを買うことになる。

個別では、先に底をつけるといって、動画では2***を推奨した。

動画メール速報サービス
株式情報_2016-4-8_15-17-27_No-00

ここから(4/7 10:40)50円ほど上がってきた。

さて、これで、すべてが解決された訳でもなく、ドルが安定した訳でも、ない。
しかし、ドルが通貨であり、相対的な商品である以上、
どこかでは、行き過ぎとなる。

今後も、小さな波ではなく、乗るべき波に乗っていくことが必要だ。

今後も動画で解説したい。
決算速報をはじめてとして、有意義なヘッジ、速効の個別株をこのようにお送りします。

底打ちまで完全解説


結局、儲けることではなく、損をしないことが目的である限り、その資産は、インフレ程度でしか、増えません。

取るべき、リスクを、粛々ととる。
それが大事。

それで、相対的に16000円さえ、回復していない日経平均を買うか、個別を買うか、
12円も下げた、ドルを買うか、どれかです。

トライアルで、ここからのトレンド狙ってください。

株式情報_2016-4-4_13-17-20_No-00


関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ