株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



SQが終わって、いよいよ、政策とのバランスをにらむ。 記事No.7538

2016-04-08-Fri  09:15:12

日銀が、注視する、といった場面115円から、さらに8円も円高になった。

市場は介入がないとして、安心売りであるが、どんなものにも、限度、というものがある。
それが通貨である以上、このペースでは、経済が乱れるのは必至で、すでに年初から12円だ。

米国が、金融緩和を引き延ばさないとならないのは、もともと中国ショックで、これがまだ完治していない。
だからそこまた、リーマンンショック当時のように、最後に頼るのは、円高ということになっている。

リーマンンの年は、112円から87円まで円高となって25円幅。
一発で下がった幅は、8月から10月の110円から90円の20円。

市場はこんな暴落を意識している。
ただ、これは、ホントのリーマンンショック時だ。

今日SQが明け、決算をにらむ展開となってくるが、内需個別はもう底値だと思われる。

今回も、指数より先に個別が底を打ってくるだろう。

あとは、安倍先生のお気持ち。

もう、失敗は明確、日銀の総裁も目標未達で交代が、視野。

こういう話を踏まえて、ヘッジ、反転、そのポイントと、底値で銘柄を仕入れるのが、動画会員。
↓クリック

底打ちまで完全解説







関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ