株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



事実は小説より、奇なり。マネーショート。 記事No.7448

2016-03-07-Mon  11:23:10

去年、面白い本、マネーショートをここで紹介した、と思って探したら、過去記事にない。

Facebook に載せていた。
ここ

実は映画化されて、と聴いて、半分で読むのやめて、映画をまった。

先週末この映画を見てきたので、この映画こそ、ここでは、場違いにならないものなので、コメントを。


事実は小説より奇なり、というが、この映画で見せた真実は、はやり作り物では難しい。

まず、政府と銀行、市場を疑った売り方(実際の暴落用ショートをPUTの値上がりで待つ戦略)が
顧客の不信に耐え切れず、途中で撤退してしまい、
その後本当の暴落があった。

というのが、作られた脚本なのだと思う。が。
この映画は本物なので、売り方は最後までがんばったストーリーになっている。
結果、-20%で逃げた大物顧客の安値を最後に、この保険は+500% まで急騰した。

さて、しかし、おそらく、OPリベンジとか、最近のここの記事をお読みになっている方は少し理解できる。
暴落で保険をかけていたが、それは、保険の買い方で、それはPUTであるということ。
PUTの買い、つまり、下がれば、上がるものを買い、なので、期日、時間的価値の減少とともに、
保険料を払い続ける経費が莫大にかかっていたこと。

これをまず理解できるでしょう。
下がれば良いが、早く下がらないと、いけないのは、PUTの買いと同じ。

それで、六本木のシネマで見た観客のなかで、もっとも理解していたであろう観客が自分であったことは
自負するが、本当には、他の観客には、すこし理解が難しくできている。
それは、全部、このOPの話になって、下がれば上がる物を買う、ということで、理解が追いついていないのだ。

実際、出口で、後の観客から、何言ってんだか私たちには分からないわ、の声をきいた。

そうでしょうとおもう。
だから、このサイトを読んでいらっしゃる方には、面白い。

何が、というと。
今回、普通なら、物語として、売り方自体が、自信をなくして、撤退した後、暴落が起こるのが、イヤな歴史だが
今回は違った。

それは、売り方自体が、自分の目で見た現実と全く反対のことをやっている
政府と銀行に、市場がやがて真実を露呈することを、確信をもち続けられたことにある。

それでも、保険が暴落で つまり倒産が急速に増えて、急騰するはずのものが、
急騰しない現実は、実はチャートではこうだ。

NYダウ 2008年
株式情報_2016-3-7_11-3-39_No-00

彼らは2006年から狙っていて2年もまって、ようやく実際に2008年に入って市場に混乱が起こったのに、
NYダウはこのとおり、5月まで上がった。

当時、このブログでは、売り方であったが、サブプライムを問題としてのものでもなかった。
それは、すでにサブブライムは年初から囁かれいたが、市場がこれを否定してたからだ。

否定したというは、格付けがAAAだった、ということだ。
実際の映画による真実は

当時の格付けでAAAだったものは、たった25%でその他はデフォルト債券であったということだ。

でなんで、AAAなのか、について、暴落しない市場にいらだった彼らは

S&P をはじめとする、大手格付け会社に抗議したのだ。
そして、跳ね返された、
担当は知っていたが、ボスがだめだという。
それで、AAAで暴落しない。

彼らはこれは詐欺だ、と叫んで回ったが、
ウォールストリートジャーナルさえ、ウォール街を敵に回せない、と拒んだ。

真実はFRBグリーンスパンの無能と、銀行の癒着、マスコミへの隠蔽で、

倒産しているものが、AAAだったのだ。

さらに実際にリーマンが倒産した日は、9/15の発表でこのチャートの縦のオレンジの日

NYダウ 日足
株式情報_2016-3-7_11-14-43_No-00

その後、3日目、4日目に戻しているのだ。

しかし、映画であれば、これはありえる話だが、この話は、真実なのにとてもあり得ない。
格付けが無意味、銀行仕事せず、政府忙しい。だ。

映画でないので、売り方は最後まで、銀行から大量に買った保険を持って大儲けだったわけだが、
FRBもグルだと、この映画は見せている。

その後のNYダウ
株式情報_2016-3-7_11-15-24_No-00

そこから、さらに3割下がった。

これをお読みになって、映画館へ行けば、よく理解できるし、よく、共感できる。

関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ