株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



大体不鮮明な相場であるが、政府が、目指したい所はどこか? 記事No.7439

2016-03-04-Fri  10:34:09

選挙対策としては、株価は18000円では物足りなく、結局1年間を棒に振った上、

アベノミクスがうまく行かなかったことが証明される。

日銀が、緩和をすると同時に、20000万円の対策を打ってみないことには、失敗と言われざるを得ない。

さて、問題は、それなら、ドルが120円には戻らないといけないこということだ。
そのドルのトレンドが重ければ、

企業の業績に急回復はのぞめず、妥当な水準に落ち着いてしまうからだ。

その妥当な水準が17000円ということになり、これでは足りない。

ドルをここから、7円上げないといけないのだ。

さて、政府は、本来、日銀がマイナス金利を導入した時点の 121円というのが、最低限の数字であるはずで
それを目指せるものかどうか、今後は、金融だけでなく、財政出動によってそれをかなえることになる。

一方、世間的に、その水準が、良いか悪いかは、アメリカの意向を汲む。
アメリカの意向は、ロシアと近づかないことだ。

しかし、これらが連携していることを無視して、与党が進んでいるのが、アメリカからの譲歩もない。

ここからは、ネゴシエーションの力なのだが、それはなさそうだ。

さて、それでも相場は、良いモノだけ買われる。

環境としては、ここから配当取りにくる。

そのために、いま、キャンペーンを行います。

条件:弊社ご入会初めての方 初めて+今ご入会(3/7申込みまで)
価格:64,800円割引 年会費:259,200円(税込み) 月ベースで21,600円のみ。(年間契約)
コース名:株式コース

ここで、速報、ファンドが狙う配当取り銘柄+ネット銘柄を入れていきます。

すでに、大日本製薬(4506)(既公開)やネクスト(2120)(急騰、非公開)など、急騰銘柄を仕入れていますが、
まだ、新規の株式会員用に、いい銘柄が残っています。

これらを既株式会員にも入れていきますので、資金枠のある方はご連絡ください。
連絡ない方は、通常の銘柄となります。

ということで、是非、配当取りの前に、これらの銘柄を。

お申し込み
http://www.888.co.jp/apply.html

なお、もっと早い利益はリベンジで。


トライアルを簡単に解説


関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ