株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

モンタナバンドの秘密2016-2 NYの上値抵抗ポイント、日経平均先物の上値抵抗ポイント 記事No.7415

2016-02-27-Sat  14:45:34

モンタナバンドの秘密2016-1

前回、モンタナバンドは、あらかじめ、一つ前のバーで(=つまり、前週、前日の時点で)次の抵抗ポイントが分かるため
当日、終わってみないと、抵抗ポイントが分からない、移動平均や、ボリンジャーバンドとは違う、ということをお話ししました。

例えば、日経平均は先週予想した、今週の抵抗ポイントは

日経平均 週足
株式情報_2016-2-27_13-48-52_No-00

16364円でザラバこのポイント超えましたが、引けで越えません。
また日経平均先物では

日経平均先物 日足
株式情報_2016-2-27_13-49-26_No-00

昨日の、上値抵抗ポイント16547円に対して、ナイトの高値が16540円です。

このように、非常に意識されるポイントが、前日に分かるために、そこを拠点として、戦略を建てていきます。

FX無料トライアルでは、今回10万ドル(証拠金50万円)で
2/17-2/26 10日間 71,000円
2/22-2/26 5日間 49,200円


という好成績で終わりました。
これらはこのブログで無料募集し、実際に多くの方に、リアル送信した結果です。

この戦績で注目すべきところは、結果の額ではなく、

一つ一つのトレードが、速攻だからこそ、生きていける 小さな値幅のスキャルピングの積み重ね

ではない!

そもそも、小さな値幅での速攻は、このようなメールサービスでは無理です。

平均勝ち値幅は 
2/17の回 0.36円
2/22の回 0.60円

平均負け値幅は
2/17の回 -0.68円
2/22の回 -0.86円

となっており、十分な値幅で、勝ちと負けを確定されています。
ここでずっとお話ししている、

勝ち値幅はロスカットより、小さくないと つまり
ロスカットが、勝ち値幅より小さいと つまり
負けで30銭、勝ちで60銭 なとど 虫の良いこと言うと

必ず、小さな方にトレードはタッチして、ロスカットの積み上がりが大きいので
その逆
つまり、勝ち値幅は、負け値幅より、小さくあるべきで
それでも、勝てる!

こととをお話しした現実をお見せした物です。

勝率は
2/17の回 13戦 9勝4敗 勝率69% 
2/22の回 15戦 8勝7敗 勝率53%

と、決して高くないこと、決して高いシステムが存在しないこと、決して高くなくても利益がでること。
このお話ししてきた通りのことを示しました。

大体勝率が80%を越えらた、

すぐに、Google の資本金を抜けます。

それが、 

り く つ というものです。

お分かりいただいたのなら、これ以上の証明しようがないので、すぐに参加ください。

G20のあとは大きく動きます。

OPはこのFXより、さらに有利です。
これは、公開して、実際に送ったメールの結果です。

今回は、トライアルを明日まで受け付けます。それであとは正規会員になってしまうので
この機会にOPリベンジをお申込みください。

トライアルを簡単に解説


どうしてもFXの方、投資相談の方は是非、お電話でどうぞ。

03-3400-2007 土日、つけつけマス。

これは、一般に言われているものと、現実が違うことを証明し、
利益を確率で積み上げる唯一の方法です。



関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

モンタナバンドの秘密
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。