株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



今後のためにこれまでを振り返る1 記事No.7366

2016-02-14-Sun  13:19:20

アベノミクスが始まって以来、市場はある程度、政府、当局を信じてきた。

もちろん、その意志が共通して、景気を上げよう、ということには変わりない。
しかし、憲法改正のさらなる重要なプライオリティーの中で、経済への取り組みが、
おかしな事になっていることに、市場は、我慢ができなくなった。

その市場を後足しているのが、ヘッジファンドであるが、現在、当局には、これらを正当に退治する必要に迫られている。
その前に、おかしな事を政府当局がおかしな事だった、と気付かなければならない。

まず、2年2%の物価上昇に失敗しているのにも、関わらず、それを認めなかった。
躊躇なく、動く、と言いながら、いつも躊躇して動いていた。

問題はこの辺から、当局は、実は、市場自体の重要性をないがしろにして、バカにしていた。
我々の力が、なんとかする、という勘違いが市場からの反逆を喰らった形だ。

そして、同じよう意味で、自分たちの力を信じて相手を馬鹿にしているのが、政府だ。
大手起業に、給与を上げるように要請。
各有名企業に、製品、サービスを上げるように指導。
この全くおかしな要請に、企業は一時振り向くがだれもついてこない。
これらをもって、物価は上がっている、としたいわけだが、現実には、これは厳しい選択であった。

この選択の裏は、すべて、

その代わり、と条件がついていたはずで、それが、円安であった。
円安+減税で、でようやく、負の連鎖がとれるものの、おの一つだけを選択、
そして、そのあとの強引な、理屈で、もう片方のエンジンを失ったのだ。

それにしても、ここまえの値幅を2ヶ月で狙われたのは、

今の政権に、市場を理解するブレインがいないこと。

すべては、ドルに連動しているにも関わらす、そのドルを止める手段を、広範囲に設定できなかったことになる。

そして、最大の弱点は、FRB当局をまったく、意思疎通が行われていないというkとだ。

FRBにマイナス金利を否定されてしまったら、日銀の立場はない。
本来、ヘッジファンドに打ち勝つために、連携しなければならない当局に、ブレインがいない、
連携する重要性を認識指定していない。

そして、国民は、それでも、政府を支持する。
となると、日本は、まだ下に行かないと、気付かないか?

経済と連呼しても、政策を打たない、なんてあり得ないことを、
やがて、といって、引き延ばし、原油の性にし、最後に中国の性にして終わる。

それらは、すべて予想できた物であるのに、アベノミクス前に戻ってきたことは、
当局が以下に、騙されていたのかを、思い起こすべきであろう。

と。
ここまでは、ここまでの流れ、で、これらを投資家は、懸念する必要がない。
なぜなら、我々は、株主でなく、強い方に、ついて行く選択だけを残すからだ。

ここまできても、

日銀市場、最強の政策といったマイナス金利以上のものは、介入しかなく、
それができない限り、市場の混乱は収まらない。
また乱高下するだけだ。
その乱高下に対応できるのは、OPのみで、現在は、買いで挑むが、止まれば、
再び、売りで挑む。

ヘッジしたい方は
03-3400-2007 までお気軽にどうそ。

なお、動画でも、底解析と速報銘柄をメール送信している、
金曜日は、建設に買い物いれたが、これは、今週芽をだすだおう。


底打ちまで完全解説




無料相談


今日夜11時まで、無料相談承ります。
お気軽にどうぞ。

戻ったところから、再度売っていきます。
是非、今OPをできえる環境を整えて下さい。

ETFでもヘッジはできますが、東京市場の時間しかヘッジができません。
OPなら、NY市場でもヘッジできるのです。

関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ