株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


株式情報

儲けるために何でも相談:株式・先物投資相談をお求めの方は
_/_/→ 投資顧問・無料投資相談へ ← _/_/

最新銘柄はここに掲載 →ブログランキング← をクリック 今日も強い

現代統計学を駆使したテクニカル分析、日経平均先物も解析する資産運用のお話。

統計解析理論による最新株式情報。目的=儲けること。冷静な判断をもって株式アドバイスを行う。儲けるためにあらゆる側面から解析、投資家の心に届くまで投資アドバイスを送る。


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者


いよいよ、戻り試す展開に、NYダウ急騰、CME急騰で。 記事No.7365

2016-02-13-Sat  14:57:09

昨日は、ザラ場で、下げたとことは、さらに、建設を買い増した。

引けに、さらに崩れたが、大底を買うものではなく、その近辺で買う物であることから、
会員の皆様には、底反転を待たすに、指示を行った。

それはこのブログでも、OPリベンジのストラングルに買いを行った。

CALL-03-16750 140円 買い追加 10枚で
結局、
CALL買い20枚、 PUT5枚買い となった。

さて、また17:30の限定記事で、
株式情報_2016-2-12_17-31-13_No-00

14,990円でシステムは3枚の買いになったとお話ししたが、結局

株式情報_2016-2-13_14-24-38_No-00

となり、CMEはさらに伸びで、15,345円 で引け、急伸体勢となっている。

さて、このシステムは、日計りのシステムなので、すぐに転換するか、金曜日の夕方以降は買い転換となっている。

一方、OPのポジションの様に、もう少し長い目でみると、今回の下げの終焉を少し、考えていかないといけない。

犯人は、だれか、対応はなぜ、おくれたかなど。
その論点を次の記事で・・・・


また、この反転場面は、一度買いに回るが、また戻りは売りになる予定。

選挙までのポジションについて相談を承ります。

無料。本日23時まで

03-3400-2007
お気軽にどうぞ。

なお、ヘッジには、OPリベンジが最適です。


トライアルを簡単に解説


詳しい解説はここ



関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ