株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



消費税引き上げ延期。 記事No.7306

2016-02-04-Thu  01:03:50

市場は、日銀がマイナス金利を打ち出した後、2月に会合がないことから、
3月までは安心売り、として、ドル、株価とも売り方の手にある。

日銀が即座に動く、という即座、という表現を月単位と認識してるからだ。

ドルがすべてを握ることから、週足ので、この銘柄の買い転換が、最終的な買い場、となるが

ドル週足
株式情報_2016-2-4_0-51-4_No-00

このドレンドが収束して、買い転換となるころ(現在のペースでは、3月)もう少し安定した動きとなろうが、
それまでは、意味のない、上げ下げが繰り返される。

その、下げの局面はみんな拾い場だ。

ただ、今回の下げは、ヘッジ売りの仕掛けではないだろう。

なぜなら、ここから当局と闘いたい、人間はいないからだ。
しかし、期間に迫られて、売りに回っている、売り方は、買いポジションの清算だ。

昨年から、基調の変化が、債券に及んでいることから、
これらの含む大口のファンドが清算になっている。

それはここ数年間、うまく言った、債券の動きが、危うくなっている印だ。

では、債券がなければ、次は何か。
それは株式でしかない。

しかし、株式では、業績を反映するために、やっぱり債券になる。
それでまたしても、債券に頼る。
その債券の利回りがない。

世の中に、利回りのつくものがなくなったのだ。
そして、さらに、銀行には、マイナス金利のオマケがつく。

では、最終的に、その資金はどこに行くのだろう?
もう金ではなく、原油でもない。

NYか、日本か、欧州か、中国だ。

後者の二つはない。

NYダウ下値抵抗ポイント到達
株式情報_2016-2-4_1-2-49_No-00


ここを割れるとさらに、2日調整する。

関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ