株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



ここからが重要。まずNYの戻りを確かめる。 記事No.7202

2016-01-13-Wed  16:55:18

今日は抵抗ポイントを書いておきました。
このポイントをNYが取れるかどうかです。
↓画像クリック

↑ここに書いてあるpassを入れて次の記事で全文を読んでください。
OPリベンジの今日のポジションも書いてあります。
◆明日のポイントはここだけ。
限定記事・乱高下を無視する。NY市場で大切なのはこのポイント。


さて、6日安のあと、一方的に、出来高のない部分を戻りました。
東京市場の本来の戻りは、野村證券(8604)とともにあります。
この銘柄が、上に行かない限り、ヘッジは必要です。

さて、この市場のヘッジですが、思ったほどは、荒れていません。
1,928年から数えて、はじめてのこと。
日本は、1,946年から数えてはじめてのこと。

これはまだ反映されていません。

もともと、マイナス金利という、人類が行ったことのない、もののあとなので、ばかな私にはこの先の波の大きさ、形が計れません。

そういえば、友人が、三菱地所(8802)の主任設計士なのですが、彼が言うには、

問題は、波の大きさではなく、波形なのだ、と言います。

つまり、市場は、大きなブレには慣れていますが、揺れ方、この場合は、市場間の連携の仕方に見たことがないものがでてくるとシステムが異常な方向にはしります。

これらは、サーキットブレーカーで止めることになってはいるのですが。
それも、形が変われば、影響がどう収まるのかすらわかりません。

さて、このように、相場は、未知のものに、弱く、既知のものに強いわけです。

新たに、ここからOPリベンジ始まっています。

↑最速100万円を目指している先物OPトライアルリベンジは↑

通常は、100万円まで、各OP5枚、先物5枚を使いますが、現在では、2枚で運用出来そうです。
この変動幅ならではです。

今市場は、底と天井を見極めようとしているところです。

なお、今日のニュースは、この大幅高ではなく、一斉SMAP解散です。
結局、経済なんて、どうでもいいのです。
その無関心さが、また政治を腐らせるのです。




関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ