株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記・投資相談


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
人気株ブログランキング最新情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ

儲ける方法2018無料登録はメール版はここ


【儲ける方法LINE版↓】
株・先物から仮想通貨まで徹底的な儲ける方法を狙います。
新しいヒント、方法、可能性、をLINEでお楽しみください。
登録追加↓
株式情報ビリオンタッチ

実配信の実績はこちら

→この株ブログ初めての方はここ(特徴・読み方・難易度)←
→ 【テクニカル分析大全】リニューアル開始 ここ←
→ 投資情報は25年の伝統投資顧問・東京総合研究所←

シグマ-3まで行ったときに重要となるのは 記事No.7193

2016-01-12-Tue  09:59:19

今回の様に、シグマ-3までの急落がしょっちゅう起こるようになった。

この場合、即、底打ちとならないが、政府に対策を要求することにはなる。

市場はバカでないから、政府の、言葉遊びには反応してくれない。

一億総活躍がいかにごろの悪い政策で、財政にも、景気にも、効果が無いことが分かっていて、
まだ、当局は、動かない。
それを市場は、バカにしている。

それでも、一つ言えることは、
この市場は、架空であるということ。

本来、どこの教科書を見ても、また論理的に考えても、

となりの国が水爆実験をして、リスクが高まった国の、通貨が買われる、ということ自体がおかしい。
売られる、のが、正当。

それはつまり、今の相場の、もとの符号に、マイナスがついている、という何よりの印なのだ。
Aと行くものに、すべて-Aとついている。

これが、マイナス金利の世界で、本来、借りれば、利息がかかるところを、借りないと利息がかかる世界になっていて、それが続いてるということだ。

その世界に対してなので、まともな論拠は意味がない。

また、もう一つ、
通貨は、どちらにしても、一方的に動くものではないので、通貨による、下げは、いずれ限定される。
ただ、その限定幅が大きいだけだ。

資金のある人は、あるネット株をここで買って、ヘッジを同時に建てる。
今、株式会員はそのスタンスだ。

ヘッジが必要なことは言うまでもない。

ヘッジミニトライアル、
OPリベンジはこちら
http://www.888.co.jp/tstart.html

なお、反転のための、チャートで今日の重要抵抗ポイントは以下の限定記事に書いた。

限定記事・今日の重要なポイントは引けで


記事passがいるので
人気ブログランキングへ←をクリックして
このブログの紹介文にある、記事passを入れて下さい。


関連記事


コメント: -
面白ければ株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←最新情報はここ。

株ブログ