株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


アノマリーの続きと相場というもの3 記事No.7123

2015-12-14-Mon  19:02:27

下げれば、すべての言い訳を持ってくるし、上げれば、すべての言い訳を忘れるのが相場だ。

しかし今年は、7年振りの利上げのあとに、実際にドルがどの方向にいくのか、想定できないというファンドが多く手仕舞いに終始している。
日銀は、この利上げで上げるべきドルが上がらないときのために、手を用意しているはずで、本格的な失望があるのなら、この金曜日の日銀会合で、これらの波乱を無視し場合である。
もちろん、FOMCが先なので、FOMCが終わってドルが安定すれば、すぐには対策がでない。

相場が安定するには、そのために、FOMCで、利上げ、ドル急落の方が安定したシナリオになるのが、また不思議だ。

では、それをみつめて、OPのポジションはどうあるべきであろうか。

そこでまず、それまでの数日に、OPは何のためにあるのかも見ながら、計算方法を紹介する。

先物買い1枚。

これには証拠金1枚分がいる。
現在90万円で

先物1枚を買うのに90万円がいる。
Miniなら、9万円

これで19000円で1枚買うと、19100円になれば、100円幅、
1枚は、1000倍なので、19000円を1000個買って、191000円で1000個売る、と考えると簡単だ。
結果、100円幅1000個で10万円の儲けになる。
Miniなら、100倍なので、1万円。

つまり、日経平均が、19100円まで100円動くと10万儲かる。
19100/19000=1.005 で0.5%動いた、というとになる。

つまり、0.5%動いて、10万円、1%動いて20万円動くことになるわけだ。

これは、入れた90万円に対して、20万円/90万円=22% に当たることから、
1%動いて22%動くということになるので、
22倍動くということになる。

これがレバレッジだ。22倍で動く。

さて、そうなると、逆に行けば22倍でなくなるので、追い証=不足金 も多くでる。
が続けること。
同じ確率で取っていくからだ。
そうすると、戻る。

で、これらのなかで、証拠金=先物投資につかう資金 を有効に使うために計算方法を学んでおく。

まず、先物1枚買いで、90万円。
なら、先物1枚売りで、いくらでしょう?

買いで90万円いるから、売りでは90万円くれる、という訳ではない。
90万円は証拠金といって、ポジションが動いた時に、逆に行ったときに資金を用意する、という意味なので、売りでも買いでもかかる。

もちろん、証拠金が足りなくなればポジションを外す、または、ポジションを小さくする、で必要な証拠金を減らすことができる。

次に、もし、
1枚買って、1枚同時に売ったらどうなるか?だ。

論理から言うと、証拠金は、逆に行ったときの資金に使うため、現実的には、このポジションはリスクがない。
つまり、いくら上に行っても下にいっても損をしない、ということだ。
いいポジションですね!!

それでも、規約上最低1枚分のポジションの証拠金はかかるので、90万円だ。

では、買い2枚に売り1枚ならどうだろう。

動くのは、1枚分だけだから必要な証拠金は理論的には1枚だけだ。

しかし、ここから証券会社の事情になる。

例えば、2枚買って1枚売り のとき、多い方の枚数の2枚の証拠金を必要とする。
合計の2枚分の証拠金を必要とする。
差引1枚分の証拠金を必要とする。
と様々なのだ。

自分の証券口座の仕組みを聴いておかないといけない、
ローカルルールなので。

さて、ここまでは、単純な話。
では、OPはどんな証拠金がいるのだろう??

次回に・・・・

関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ