株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


リスクから逃げれば逃げるほどリスクは大きくなる。「レセプト債4社が破綻」にみる本当のこと。 記事No.7027

2015-11-08-Sun  17:27:45

証券会社も寝耳に水、中小証券が売っていた300億円のファンドが破綻した。

昔は定期預金の金利が10%もあったからこの低金利の0.05%しかつかないデフレ金利のなかで、
金利をもとめて、ファンドを買う、という考え方自体が受けいられないのが、我々の世代だ。

いくら、低金利だからといって、
いくら、その低金利の60倍の金利がつくからといって、
年3%の商品を、金利が60倍もつきますから・・・と言って売る気にはなれない。

実質は、デフレ-1%なら、計4%の利回りになるのだが、それなら、その3%は確実でないといけない。
残念なら、確実に、3%のものなど存在しない。
それが、世の中のルールだ。
確実につくのは、公定歩合の金利だけで、それ以上は、リスクを取る、ということになる。

なぜ、3%がいけないか、というと、それは、配当利回りの世界の数値であり、
その3%を絶対値として評価する、考え方がおかしいからだ。

60倍でも、100倍でも、行き着く先が、3%なら、10年経っても、3割しか取れないからだ。
20年間複利で回して、1.8倍。
それを資産運用とは言わないからだ。

それでもその利回りが低いが、トヨタ自動車(7203)の株より良いとして、安全だと考えるなら、
それは、安全を求めて、目がくらんだ、ということになる。

3%しかとれないなら、それが確実でないと意味がない。
でも確実な3%は、今、存在しないことになっている。

恋愛の話を持ち出すとまた怒られるかもしれない。
しかし、もっとも分かりやすいので言うが、
100%、まじめで、優しい、完璧な、男を選んだ場合、
100%、浮気されている。
それが分からないだけだ。
なぜなら、100%の完璧さ、だからだ。

統計計算上は、前回にも示した。
リスク0を求める続けると
株式情報_2015-11-3_11-36-14_No-00

こういうタイミングで破綻する。
それは、簡単に言えば、リスク0がどこかの過程で、分母に入り、それを数式が制御できなくなるからだ。
数式はいきなり、発散する。

投資家は、分からないものへ期待するが、負けが計算できる確実な環境のものの方がいい。

その意味で、知らない人間が運用する
「医療機関の診療報酬請求権を基に、資産運用のための債券(レセプト債)を発行しているファンド」
に興味を持つより、
勝ち負けの分かる、一部上場に投資した方が、いい。

いいという大きな理由の一つは、次の事項が正しいからだ。

正しく期待できるもの: 負け方

実は、負け方が問題であり、勝ち方は問題ではない。
負け方が分からないと、永遠に、この手の問題に入り込む。

リスクは、取らないものではなく、取らなければ、無限大のリスクに落ち込む。
正しく、負けること、それは、正しくリスクを取る、ということだ。

それで、いつも、株式市場は、悲観の中で買っている。

上海総合指数
株式情報_2015-11-8_17-16-23_No-00

この指数の上値抵抗ポイント取り、調整抜けをお話したのは9月末。
ここまで来れば、市場は、指数強気転換という。
それでも、まだ間にあおう。

100%はない。それを認められれば、中を取れる。
「及ばざるは過ぎたるより勝れり」

最新銘柄はここに掲載→  ブログランキング←をクリック 明日も強い

↑最速100万円を目指している先物OPトライアルリベンジは↑
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ