株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



夏休みの作文「相場の大きさ」 記事No.6655

2015-07-30-Thu  14:41:10

相場は大きいので様々な投資家の要求をかなえてくれる。

例えば、
kabu2015-7-30_14-8-47_No-00.png
こんなに下げ続ける銘柄は、エイ、とばかりに売り裁くこともできるし、

売った後に、上がったと嘆くこともたやすい。
kabu2015-7-30_14-9-10_No-00.png
ゼオン(4205)

多くの場合に、理由のないものもある。

理由なく、下げ、理由なく上がる。

喜ぶことも、嘆くことも、恩恵を受けることも、捨て台詞を吐くことも、できる。たやすく。
それだけ相場は大きい。

世界のもっとも大きなファンドは、この大きい市場に、さらに大きなポジションをもっていて、あまりの大きさに
ニッチモサッチモ行かなくなることを、また嘆いている。

市場では、このことを、チキンレース、と読んでいるようだ。
この前まで、このチキンレースは、金市場で行われていたが、それは、ゴールドマンさんの言う、2000ドルになる!で
終了して、いま、1092ドルらしい。
それでも異常な高さらしいのだ。

この山に比べて、株式市場は、とっても安いが、市場は、まだ嘆いている。
それは、ギリシャの問題や、中国のバベルの塔の崩壊らしい。

おとうさんは、「バビル二世」を見ていたらしく、この話では、いつも、バビルだ!言っているが、それはいいもん、の住処で
ここで言うバベルの塔は、中国は築き上げた、神の怒りにもっとも近づいた塔のことで、桃源郷などと言っている。

とにかく、大きなものが、市場というものらしく、そこで何でも出来ることは確かだ。
ただ、僕が今回、図書館で調べてみると、それ以上に大きな問題が、ここにあることに気付いた。
この作文は、そうした危機を、みなさんに読んでもらいたいと思って書いたものだ。

その危機とは
株式情報チャート__2015-7-30_14-22-12_No-00

中国どころではない。
銀河だ。衝突は確実で、僕の計算によると(カシオminiで)秒速100キロで近づいているので、衝突まで7500億年しかかからない。
・・・・・
つづく・・・・・



今日は、ドレッシングとは言え、方向、頃合いが変わった動きをみせた。
決算の乗って、次々と銘柄芽を出す時期となった。

銘柄によっては、バーゲンセールは終わった。
バーゲンセールの銘柄を売って、競りで上がった銘柄を買わないように、したい。
投資家とは、そういうものだ。

なお、公開先物トライアルは、以下のポジション大引け決済する。

公開先物トライアル

決済
07/27 20350 B1 大引け
残り
07/24 20610 B1
07/25 20430 B1

公開トライアル希望の方は↓クリック応援しておいてください。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ




関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ