株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報


最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
株式情報_2017-8-29_13-22-53_No-00 ←←ご質問はここへ、ライブチャット


株ブログ連載「テクニカル分析の果て」-本当の投資アドバイス- 3 記事No.6641

2015-07-27-Mon  00:08:17

我々は、どちらかというとテクニカル分析の使い手、として投資アドバイスを行う。

ただ、すこし、他のテクニカルアナリストとは違う。
それは、テクニカル分析が使えないことも、伝えられる、ということと、

それがどれくらいかを、常に確認しているからだ。

テクニカル分析を奨めるのは、テクニカル分析以外に自分が当たった外れた確認できる手段はない。

あとから見れれば、みんな分かるトレンドであるが、実際はそうは行かない。
このチャートを見てみよう。

野村ホールディングス(8604)のチャートだ。
株式情報_2015-7-27_0-1-32_No-00

緑の線は、26日移動平均線だ。

これをもってチャーチストは、26日移動平均線は当たる、という。
そう見える、そうだ、26日線を使うことにしよう。

では、そのプログラムで、この取引を走らせてみた。
株式情報として、ニュースでなく、テクニカル分析という、引値で見る解析方法は有効なのだろうか?

株式情報_2015-7-27_0-1-51_No-00

これが、取引の決算表。
2年やって36円幅のマイナスだと。

当たってないじゃん。
しかし、遠くら見ると当たっている。
では、どこで外れているのだろう。

株式情報_2015-7-27_0-4-27_No-00

ここだ、移動平均線が上に行った後、下に行ってそのあと、上に行く、また下だ。

あとから見て、こういう。
あれは天井で移動平均線が下がっているから、買っていない。
下がって売りだと。

そうか、違う。実際は、売ったり買ったりしているのだ。

それは、ノイズが、本来のトレンドの値幅を喰ってしまうことを示してるのだ。

つづく・・・・



関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ