株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
株式情報



ドル急騰につき・来週のおすすめ株と株式情報で株式アドバイス 記事No.6465

2015-05-30-Sat  11:36:46

昨日の記事を読んでいな方はまずこれらを。
10連騰のあとの考え方。
11連騰のあとの考え方、I need you.2


昨日はその記事の中で、もっとも単純な市場からの手紙(I need you)の内容は

東電(9501)が、週刊値上がり率第二位となり、好決算発表銘柄の多い中で、これが選択されたことだとお話しした。

東電(9501) テクニカル分析 週足
株式情報_2015-5-30_10-33-32_No-00

我々は、e-mail の時代になって忘れていないだろうか?
手紙、の時代、東電(9501)はこういうチャートだった。

1985年 東電(9501) 月足
株式情報_2015-5-30_10-28-14_No-00

この時代は、手紙で、「速達」というものの意味があった時代だ。
今は地球の裏の大口ファンドに東電(9501)のチャートは0.3秒で到達する。
それも、当時、このチャートは速達で世界に知れ渡った。

市場は、この動きを、その重要性を、速達をもって、知らしめたかったというのが、
上のチャートだ。

結果は
株式情報_2015-5-30_10-33-7_No-00

忘れているかも知れないが、バブルの頂点へ向かう途中に書かれたこれは手紙だった。

今はもう、速達が必要ない。
すでにみんな知っているから。
でも、その意味を悟らなければ、それは、知識となり、知恵と生まれない。

もっとも簡潔な表現をもって、今週の市場は表現された。
もともと、その深遠な意味の始めは、いつもGANチャートでお話しした。

2014/12/30 2015年 ドルの動きを計る1 から抜粋


株式情報_2015-5-30_10-57-10_No-00



今の相場が、この歴史の中で、育まれている、ということだ。

その中で、バブル時期にもなかった、マイナス金利、そして知らない間にシグナルを出し続ける主力企業。

今、普通便で生きていたら、それは、資産自体が、相対デフレになる、ということだ。

今週ドルは週足での上値抵抗ポイントをとって終了した。

6月相場の注目株は、これになる、ということだ。


この銘柄コード番号は↑で公開している。
日足、週足、新値足が売り転換のままだが、一気に買い転換となる可能性を含む。

株式会員申込みはここ。
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ

ブログランキング・にほんブログ村へ