株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

絶対的ときめきを求めて PCオーディオへの道 1 記事No.5867

2014-10-04-Sat  23:27:26

時がいくら経ったとしても、きっと大勢のオーディオファンの心からこの言葉
「オーディオ巡礼」は消えることがないだろう。
自宅近くにある、区の記念館には、当時の師の装置そのままを再生する企画も行われている。

それ程に、まだ愛されているのは、師が、本当に、全身全霊で、音楽を、オーディを愛していたからに
他ならない。
その魂が皆に乗り移っている。
それは未だに、涙を誘おう。

さて、そんなタイトルを借りた勝手な記事であるが、その目的の一つは、絶対的なときめきを
届けることにもある。

最近は、データーセンターを移動したこともあって、記事が最小限になってしまっているが、
趣味的な分野で言えば、このオーディオに関しては、伝えておきたいことが沢山ある。

今日、銀座の本屋に寄ると、そこにはPCで音楽を、と、参考雑誌が沢山並んでいて、驚き、嬉しかった。
レコードからCDに変わったとき、もちろん、骨董主義者は、レコードを愛して、デジタルを否定してきていたが、
この音楽とCDとPCの相関した環境が成熟して、一つの最高傑作となったのは、それでも最近のことだ。

ようやく今、PCと、簡単に言えば、iTunes から発せられる音が、完全にCDそのものを越えるようになった、
そのCDが本来持っていた能力が、新たに見直されている現状を見て、驚き、嬉しく思ったのだ。

ここに、CDよりレコードの方がいい、という意見と、
iTunesは本当のオーディオではない、という意見を、
同じ衝撃さ、で否定できる環境が整ったのだ。

試していない方は、PCオーディを体験するべきだ、と感じる。

それは、昔と遙かに違う。
レコード肯定者が、消えていったように、もうすぐ、CD肯定者も消えていく。
技術は革新のあと、時期をまって、突然、認められるものだ。

これは、現代音楽の話ではなく、昔のCDが、PCオーディオで息を吹き返す、という話だ。

だから、凄い。

その時に、あらためて、日本の技術は、素晴らしかったと思う。
なんと言っても、今、ここにそれでも存在する音楽CDという企画は、

ここ
株式情報_2014-10-4_22-55-23_No-00

が作って、特許をとったのだから。

それが、時とともに、消え去りそうな企業となり、奮起を促されているが、本当は、そういう企業だ、ここは。

さて、その生き返るCDは、今、皆さんの本棚に眠っている、
では、どう生き返えらせたらいいのだろうか?

以前少し、お話しした分野であるが、もう一度、整理してお薦めしたい。

あの時、聞いた、その、音、音楽は、その記憶と結びつけられている、それが故に、
このPCオーディオで聞けば、その、最高の瞬間が、蘇ってくるのだ。

PCオーディオへの道 2 へ続く・・・・・

続きを読みたい方は、こちらをクリックしておいてください。

(ご協力クリック↓ 1日一回押して下さい。この株ブログはみなさんの応援で成り立っています。)
株式人気ブログランキング

株式情報_2014-10-4_23-10-27_No-00

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

オーディオ巡礼
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。