株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



至難の業へ。 記事No.5745

2014-07-19-Sat  21:24:02

過去 儲ける方法リンク

一般投資家も、プロの投資家もふくめて、よくよくキモに命じていかなければならないことがあります。

それは、
パスカルの言った
「たとえ宇宙が人間を殺せても、人間は宇宙より高貴である、
なぜなら、人間は自分が死ぬことと、、宇宙が自分よりも優れていることを知っているからである。
宇宙は何も知らない。」

にあることと同じで、相場が我々より賢いということです。
それを知って初めて、我々は、相場に勝つチャンスが生まれてきます。
相場はなにも知りません。
もちろん、我々が、どれだけ勉強してきたかも、寝ないで心配していることも、あと10円でロスカットと
なることも、何も。・・・

下げて売って、上げて買っていたのでは、術中にはまります。

ミサイルが飛んで、地政学的リスク、と言う言葉を作られて、投資は戸惑います。

もう一度言いますが、地政学的リスクがもっとも大きな場面であった、解決しない核融合を溶かした国の
通貨が買われたことや、テロのあとは、相場は、反転することになっている、を思い出さなければならないのです。

みんなが安いと思えば、下がると思い、売る。
それで儲かれば、それで良いかもしれません。
しかし、それは、投資家の考える速度より、相場が遅い、という場合にのみ適応できることを
覚えておかないと行けません。

すでに落ちている一万円は、ホンモノでであるはずがなく、
そのようなチャンスは、すでに誰かに取られている。

つまり、市場は、儲かるべき価格へ、すでに落ちているということであり、
すでに上がっている、ということです。

よって、業績が発表されて、買いに行ってもすでにそれは、上がっていて、儲かる水準ではありません。

同様に、もっとも典型的な例はこれです。

米国10年債 債券利回り
株式情報_2014-7-19_11-30-36_No-00

米国の雇用が以前FRBの目標水準とされいてた7%を下回ってきていたとしても、この利回り低下は
続いています。
そのために、債券の価格は、

債券価格 米国10年債 価格ベース
株式情報_2014-7-19_11-32-29_No-00

ポイントとなる、青い枠の下落転換場面で、そのまま転換せず、市場の、通りに反してきています。
それは、チャートと、経済状況の方向が、同一の方向を向いた、
いわゆる、正当なポジションを否定するものとなっています。

だれもが、考える、それなら、崩れるという場面で、債権は買われてきました。

市場は つねに、投資家の考える方向に行きません。

そこに、通り、を求めてもままならない期間が、長く続くものです。

これらは、どんな場面でも、当たり前の考えは市場にすでに吸収されていると、考えておかなければならないのです。

当たり前の考えは、すでに吸収されている、と、です。

では、投資家の唯一、有利な戦略とはなんでしょう。

それは、意外にも、戦わないということ、つまりは、判断を多くしない、ということにあります。

市場、マーケットは常に、どちらかに動こうとします。
また今回のように、マーケットの変動率がごく少なくなり、参加者が儲からなくなると、
どこからか、大きな材料を持ち出して来て、相場を動かし出します。

そのために、すべての場面で判断をしていると、してやられます。

チャンスはすべてに平等に存在しない、というポイントに気付いていかなければなりません。

・・・・つづく。

(ご協力クリック↓ お願いします。1日一回押して下さい。この株ブログはみなさんの応援で成り立っています。)
株式人気ブログランキング
つづきを読みたい方はクリック。
関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ