株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

ほんとうの株式投資入門-2 記事No.5662

2014-06-06-Fri  11:52:32

前回 は、

まず、なぜ、株が上がるのか、説明してください。
この基本を忘れてはなりません。

業績?チャート? 雰囲気?  なんでですか???

でした。

業績がよくて、チャートが良くて、が答えでしょうか?
そう答えた人も多いと思います。

でも、もし、そう答えるのなら、質問が違います。
質問はこうです。

なぜ、株が上がったのか、説明してください。

です。
それは過去の話なのです。

では、本当の答えは、なんでしょう。

今日、株が上がった、それは、なんでなんでしょう?

それは、

買い注文株数>売り注文株数

となっていたからです。
そして、これ以上に、重要な答えも、これを覆す答えもありません。

業績が最悪でも、チャートが、下を割れていても、

買い物が入れば、上がります。

焦点は、そこなのです。

よって、買い物が入る理由がもっとも重要なのです。

ここには、業績も、チャートも入りますが、同時に

信用期日の清算、ファンドの買い、銘柄入れ替えによるシステマティックな買い、年金の買い、

さまざさ、です。
とくに、期日の投げは、物理的なものです。

期日の投げと一緒に投げる、これほど、物理学を無視した投資はありません。

このように、根本の理由さえ曖昧になって、株式投資の勉強もありません。
期日の下げに、業績が悪いから、チャートが下を向いているから、といって、一緒に逃げます。

それは、大きなポイントを見逃しています。
期日の投げは、ピークを過ぎれば、なくなる、ということです。

このように、株式投資では、上がる理由をしっかり持っておくことが必要です。

では、それを踏まえた上で、どうすれば、株式投資で儲かるのか、考えてみましょう。

もっとも基本的な構図は一つしかありません、それが全てです。

買値<売り値 です。

もし、これが不動産なら、簡単に理解出来ます。
購入価格より、売却価格が高い、です。

そして、それまで待つ、です。
単純ですね。

株式投資も同じです。
なのに、ウクライナの話がでてきます。
なんででしょう?

ウクライナに、ロシアがちょっかいを出した。
それなので、あなたは駅前の一等地に買ったマンションをすぐに売り出しますか??

ま せ ん!! よね。

でも株式投資家はここでいろいろ言い出します。

この時に考えて下さい。

自分は、ウクライナに、ロシアがちょっかいを出さないと思ったから、この銘柄を買ったのかどうなのか?

株式投資は、先物投資とも、通貨投資とも違います。
それがみんな、おんなじになってしまうと、このウクライナとかキプロスの話が気になっていきます。

不動産は、キプロスで動きましたかね?

では次に、株式投資は、何をみて買うものなのでしょう。

業績ですか?チャートですか?

つづく・・・・・・

続きを読みたい人は
(ご協力クリック↓ 1日一回押して下さい。この株ブログはみなさんの応援で成り立っています。)
株式人気ブログランキング
をお願いします。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

ほんとうの株式投資入門

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。