株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

新たな方向を探る。 記事No.5588

2014-05-18-Sun  19:24:19

株ブログ・日経平均・投資情報



日経平均などの主力指数が停滞するのは、これらの指数がドル円に連動しているからで、
この連動が取れない限り、上昇しないし、上昇するときは、ドルが一緒だ。

となると、ドル円の上昇余地を探ることだけが仕事となるが、これは指数のこと。

一般的に個別銘柄は相当な勢いで戻している。

東京建物(8804)
株式情報_2014-5-18_19-2-25_No-00

不動産株は、腐っても鯛なので、安いところを買っていけるかどうか、だけ。
それを信じられるかどうか、だけ、の銘柄群だ。
東京建物(8804)は、まだ週足での新値足が買い転換しておらず、日足の買い転換だけが
続いているが、すでにもっとも重たいポイントである950円を超えてきた。

一方、新規では
MUTOH(7999)
株式情報_2014-5-18_19-2-4_No-00
を無料会費捻出銘柄として、選出した。

これ以外にも、速報サービスでは、良い銘柄が、買い直されてきそうだ。

この流れは、主力株に資金が向かわない分、個別の好材料株に反応していく。
まっとうな銘柄を買っていれば、面白い。

さて、秘密記事では年後半の分析を行って行く。


株式情報_2014-5-18_18-35-38_No-00
株式情報_2014-5-18_18-36-16_No-00

上記世界株価指数からの分析は、

ここで↓
秘密記事・それでも買いなのは言うまでもないが。4 今年後半戦への布石と現状分析
見方(PASSワードをゲット)
株式人気ブログランキングへ   から当ブログの紹介文を見て、秘密記事PASSを入れて下さい。

さて、今回の決算では重要な選択8した銘柄350社からみると
市場の予想より、情報に修正されたものが、62%となった。
38%は失望されたが、そのなかには、増益だが、予想を下回ったものもあり、
業績自体は良いものが目立った。

ただ、これもドル円101円以下のでの推移の算定であり、この動きが上にブレれば、
他の業種も買われてきて、その時が指数の急伸するところとなる。

また逆に、出来高の増えないことから、外人はまだ主力に力を持っていかず、個別に物色する姿勢を変えない。
それでも、上記銘柄や、消費関連は、買われてこよう。

今週はオリンピック関連をもう一度仕掛ける。
動画ご購入

本日の記事一覧
秘密記事・それでも買いなのは言うまでもないが。4 今年後半戦への布石と現状分析
それでも買いなのは言うまでもないが。3 今年後半戦への布石と現状分析
05/17NYダウ株式市況速報 NYダウチャート ドル円チャート
それでも買いなのは、言うまでもないが。2
それでも買いなのは、言うまでもないが。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

株ブログ
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。