株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

儲ける方法2014-19 記事No.5528

2014-05-03-Sat  01:41:39

儲ける方法・株ブログ・投資情報


儲ける方法2014-1 儲ける方法2014-2
儲ける方法2014-3 儲ける方法2014-4
儲ける方法2014-5 儲ける方法2014-6
儲ける方法2014-7 儲ける方法2014-8
儲ける方法2014-9 儲ける方法2014-10
儲ける方法2014-11 儲ける方法2014-12
儲ける方法2014-13 儲ける方法2014-14
儲ける方法2014-15 儲ける方法2014-16
儲ける方法2014-17 儲ける方法2014-18



最近はここまでに時間をかけて、さまざまな錯覚を見てきました。

それらをはっきりさせておかないと、相当な遠回りをします。

少しここで復習をしてみましょう。


原則はマーフィーの法則の

「誰がやっても儲かるものは、たいてい法律で禁止されている」



A man with one watch knows what time it is.

「腕時計を一つ持っているものは、今何時か知っている。」

ということに結局は集約されます。

これをもう一度簡単に言えば、

30万円で売っているシステムの価値は、30万円以下である、と言う論理です。

この論理を否定する場合は、次の事を認めないといけません。

30万円のシステムは、市場でもっと稼ぐことはできるが、稼ぎすぎると市場を壊して
しまうので、市場には投入せず、売ることにした。
→ 売れれば売れるほど、市場を壊すので、結局儲からない。

30万円のシステムは、市場でもっと稼ぐことはできるし、市場もそんな小さなものでないから
売ってもよい。→ 販売者が、市場でそのシステムで稼ぐことを望んでいない。

さて、こんな例を挙げるまでもなく、直感で考えれば、儲かるシステムを売ることは
英検に受かるシステムを売ることとは違う、ということが分かります。

儲かるシステムがない、ということは、そのシステムで大儲けした人が、
巨大なファンドを形成してないことから、

明らか過ぎます。→ただ、32万円くらい儲かる可能性はあります。

これが、「誰がやっても儲かるものは、たいてい法律で禁止されている」
ということです。
唯一、絶対儲かる方法、インサイダーは禁止されています。

沢山の投資方法を考えて、沢山投資する。

銘柄分散、時期分散、アドバイザー分散、テクカル分析分散、通貨分散、国債分散
たくさん、たくさん、分散して、結局さまざまな銘柄の売りと買い、と時期と、判断、

で結局このリターンは、物価上昇率を少し下回ったところで、決まります。

さらに、リスクを小さくして、リターンを求めることは、できますが、
これも、最終的に、物価上昇率を上回ることができません。


さて、さて、今、私たちたちは、儲かるという定義をしっかりと捉えていないと行けません。

まず、物価上昇率をうわ回らなければ意味がない。

次に、リスクを与えなければ、リターンは全くなくなる。

後者については、リスクを極限まで小さくすると、このリスクに対するリターンが発散します。

つまり、お国の決めごと、年金に預けていても、リスクは小さくならない、という矛盾を生成します。
これは、国債も同じです。

また、高利回りが高リスクであることも、世の中の常です。

今、私たちは、リターンを求めるのではなく、リスクとの向き合い方を求めないといけないのです。

どこまで、リスクをとって、どこまでリターンを求めるか、です。

これらは、パチンコの話でも出ましたが、実際のトレードではどのようにしていくのでしょう?

例えばFXを例にとってお話ししてみましょう。

ここにドル円 100円で取引されています。

ロスカットを、0.1円にします。
プロフィットを0.1円にします。

この場合、どうなるでしょう。

ここからが面白いところです。
以前、このケースをお話ししましたが、その時は、ロスカットを仕掛けられるとお話しでしたが
今回は、昔のように、ロスカットを仕掛けるシステムがそれほどない、という状況であると
仮定しましょう。
それは、株式市場と同じで、あらゆる価格操作がないとしておきます。

もう一度言います、ここからが面白いところです。

まず、この両方0.1円に設定して、ポジションを買いで持ったとしましょう。

まず、利喰えるように、買いでは、上昇トレンドで建ててみます。・・・・・


つづく・・・・

続きに興味のある方は
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

をクリックください。
このブログは皆さんのクリックよって支えられています。

儲ける方法2014-20につづく。



本日の記事一覧
日経平均先物の連休あけの重要な抵抗ポイント
秘密記事・転換した個別銘柄と日経平均先物の重要ポイント
GW中に残っている抵抗ポイント
ダイエットへの挑戦5 最終回
自分探しの旅の終わるとき 新しい出逢い
当たり前の銘柄が、当たり前に上がる季節まであと少し

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

儲ける方法2014
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。