株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

儲ける方法2014-17 記事No.5475

2014-04-20-Sun  15:48:28

儲ける方法・株ブログ・投資情報


儲ける方法2014-1 儲ける方法2014-2
儲ける方法2014-3 儲ける方法2014-4
儲ける方法2014-5 儲ける方法2014-6
儲ける方法2014-7 儲ける方法2014-8
儲ける方法2014-9 儲ける方法2014-10
儲ける方法2014-11 儲ける方法2014-12
儲ける方法2014-13 儲ける方法2014-14
儲ける方法2014-15 儲ける方法2014-16



これまで、心理的な錯覚を多く見てきました。
この錯覚を征さないと、いつまでも同じことを繰り返します。

また錯覚が分かったとしても、それを実践のなかで正しく判断するためには心の制御も
必要です。

これら、目に見えない錯覚もあり、相場は思うように利益を重ねてはくれません。

今回は、これらを実際の銘柄のトレードから見てみましょう。

まず、選んだのは、パナソニック(6752)です。

パナソニックチャート 週足
株式情報_2014-4-20_14-51-1_No-00

13年のはじめから、アベノミクスに乗って、また、ドル円のドル買い転換にのって、
一気に高値を取ってきました。

後出しジャンケンでは、すべての勝負師(いや勝負していないですね)が勝つわけですが、
この上がってからこの銘柄の検証をするのもの

な ん で す。

しかし、今回はそこに意義があります。

まず、このチャートを見て下さい。

いつもここの所お話ししている、3本新値足では、週足買い転換が続き、
1月のピークを付けた後、売り転換しいます。

高値からは300円幅も下がっていますが、13年のはじめ500円からすれば、これでも2倍です。

それが、分かっていたら、だれも苦労はしません。

では、この銘柄に13年から投資をするとして、どんな戦略で望んだらよかったでしょう。
そう、買い、ですね。

でも、それは分かっているからで、もし、それでも未来を計りながら、ルールを設定していると
したら、どんなルールで臨むでしょう?

まず、リスクをすべて移動平均線にゆだねてみましょう。

しかし、長期にゆだねるのは、イヤなので、短期移動平均線でこの銘柄をトレードします。
26日移動平均線です。

この26日移動平均線より、引け値が、上なら持つ、下なら、売る、というルールです。

バリバリに上がった銘柄ですので、相当儲かったのでしょう。

ではそれがこの結果です。

株式情報_2014-4-20_15-32-42_No-00

現時点で312円です、倍になったのに、この程度、でしょうか?

さらに、これを4月のあたまに手仕舞っていたら、120円の利益です。

600円も上がった銘柄でたった120円でしょうか??

ピークは750円以上の値幅もとっているんです。
それはピークの2月に初めていたら、600円もマイナスだった、ということになります。

最悪の期間を選択したら、こうなります。

倍になる銘柄でも、移動平均線に頼ってもこうでしょうか?

でもでも、それでも、今は儲かっています。
それは、一年以上、儲ける日、を待っていたからです。

でも、それは、リスクのある日は避けたいですね、

さけたい、前回のパチンコでもそうです。

出なければ、撤退する、それで行きましょう。

出なければ、儲からなければ

はい、ということで
株式情報_2014-4-20_15-41-21_No-00

この銘柄への投資は、この2013年の5月のはじめ、急騰を開始する前に辞めることになりました。

26日移動平均線での投資は、5ヶ月で全く儲からない、といって、終わりました。

リスクを賭けませんでした。

そのあとは、この銘柄の株価を新聞で見ながら、あのまま持っていたら、と思うだけです。

5ヶ月まった、投資家にはそれで十分な苦労なのです、

種を植えて、水をやった、季節の来るまでに、芽がでないと諦める。

それが、常なのです。

では、もっと我慢強くなるために、そういう負けを少なくして、ロスカットしながら、やって
見ましょう。

これで良いことになります。

それは、続きで・・・・・

ロスカットは、すべてを救うか、次回を読みたい方は


をクリックして応援しておいてください。



本日の記事一覧
アノマリ-で比べる、1997年消費税上げ時とNYダウのGW
2011年・2013年のGWのパターンと比較する。
イースター休暇に想う。
重要なポイントとったか?日経平均の抵抗ポイント
秘密記事・日経平均先物建玉+TOPIX先物建玉変化


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

儲ける方法2014

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。