株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



儲ける方法2014-17 記事No.5475

2014-04-20-Sun  15:48:28

儲ける方法・株ブログ・投資情報


儲ける方法2014-1 儲ける方法2014-2
儲ける方法2014-3 儲ける方法2014-4
儲ける方法2014-5 儲ける方法2014-6
儲ける方法2014-7 儲ける方法2014-8
儲ける方法2014-9 儲ける方法2014-10
儲ける方法2014-11 儲ける方法2014-12
儲ける方法2014-13 儲ける方法2014-14
儲ける方法2014-15 儲ける方法2014-16



これまで、心理的な錯覚を多く見てきました。
この錯覚を征さないと、いつまでも同じことを繰り返します。

また錯覚が分かったとしても、それを実践のなかで正しく判断するためには心の制御も
必要です。

これら、目に見えない錯覚もあり、相場は思うように利益を重ねてはくれません。

今回は、これらを実際の銘柄のトレードから見てみましょう。

まず、選んだのは、パナソニック(6752)です。

パナソニックチャート 週足
株式情報_2014-4-20_14-51-1_No-00

13年のはじめから、アベノミクスに乗って、また、ドル円のドル買い転換にのって、
一気に高値を取ってきました。

後出しジャンケンでは、すべての勝負師(いや勝負していないですね)が勝つわけですが、
この上がってからこの銘柄の検証をするのもの

な ん で す。

しかし、今回はそこに意義があります。

まず、このチャートを見て下さい。

いつもここの所お話ししている、3本新値足では、週足買い転換が続き、
1月のピークを付けた後、売り転換しいます。

高値からは300円幅も下がっていますが、13年のはじめ500円からすれば、これでも2倍です。

それが、分かっていたら、だれも苦労はしません。

では、この銘柄に13年から投資をするとして、どんな戦略で望んだらよかったでしょう。
そう、買い、ですね。

でも、それは分かっているからで、もし、それでも未来を計りながら、ルールを設定していると
したら、どんなルールで臨むでしょう?

まず、リスクをすべて移動平均線にゆだねてみましょう。

しかし、長期にゆだねるのは、イヤなので、短期移動平均線でこの銘柄をトレードします。
26日移動平均線です。

この26日移動平均線より、引け値が、上なら持つ、下なら、売る、というルールです。

バリバリに上がった銘柄ですので、相当儲かったのでしょう。

ではそれがこの結果です。

株式情報_2014-4-20_15-32-42_No-00

現時点で312円です、倍になったのに、この程度、でしょうか?

さらに、これを4月のあたまに手仕舞っていたら、120円の利益です。

600円も上がった銘柄でたった120円でしょうか??

ピークは750円以上の値幅もとっているんです。
それはピークの2月に初めていたら、600円もマイナスだった、ということになります。

最悪の期間を選択したら、こうなります。

倍になる銘柄でも、移動平均線に頼ってもこうでしょうか?

でもでも、それでも、今は儲かっています。
それは、一年以上、儲ける日、を待っていたからです。

でも、それは、リスクのある日は避けたいですね、

さけたい、前回のパチンコでもそうです。

出なければ、撤退する、それで行きましょう。

出なければ、儲からなければ

はい、ということで
株式情報_2014-4-20_15-41-21_No-00

この銘柄への投資は、この2013年の5月のはじめ、急騰を開始する前に辞めることになりました。

26日移動平均線での投資は、5ヶ月で全く儲からない、といって、終わりました。

リスクを賭けませんでした。

そのあとは、この銘柄の株価を新聞で見ながら、あのまま持っていたら、と思うだけです。

5ヶ月まった、投資家にはそれで十分な苦労なのです、

種を植えて、水をやった、季節の来るまでに、芽がでないと諦める。

それが、常なのです。

では、もっと我慢強くなるために、そういう負けを少なくして、ロスカットしながら、やって
見ましょう。

これで良いことになります。

それは、続きで・・・・・

ロスカットは、すべてを救うか、次回を読みたい方は


をクリックして応援しておいてください。



本日の記事一覧
アノマリ-で比べる、1997年消費税上げ時とNYダウのGW
2011年・2013年のGWのパターンと比較する。
イースター休暇に想う。
重要なポイントとったか?日経平均の抵抗ポイント
秘密記事・日経平均先物建玉+TOPIX先物建玉変化


関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ