株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

イースター休暇に想う。 記事No.5472

2014-04-19-Sat  17:15:02

日本には、復活祭がない。
ブッダは、心の中に教えとして生きているからだ。

そのイースター休暇になったとたん、出来高が半分になった。

日経平均先物も出来高半減
株式情報_2014-4-19_16-36-52_No-00

休暇なので、売り叩きのヘッジファンドも休み、ボラティティーも20%で落ち着き、
通貨市場も物腰が柔らかい。

東京市場は、欧州、米国、各投資家がいなければ、成り立たないのだ。

海外では、まったく闘争も終わらず、戦争、領地取り、利権取りに、交渉が続いている。
その姿は、変わることがない。
その姿で、食べていける官僚もいるし、敵をたたく、味方を守る軍事産業が衰えることもない。

主が2000年も教えているのに、毎年復活してまで教えているのに、この人類が変わることがない。

そして、それを映したのが、相場だ。
だから、相場には、この2000年の普遍のDNAが住まう。

それを探し出すのが、バックテスト解析システムであるし、
また、みんなが知っている、移動平均線の価値が、それでも、それほど下がらないのはこのためだ。

ただ、これは、気温の変化がつくる、移動平均線とは違う。

こんな世界に住んでいれば、ストレスが溜まる。
その仕事が厳しければ、厳しいほど、ストレスが溜まる。

心は、体をきしませ、体も健康でなければ、また、心をケアできない。
ふたりは一緒だ。

ここでダイエットの話をかつて時々したのは、そのためだ。
まず、ダイエットが必要だ。
それで、機を見て、その方法を話すことにした。
私は医者でないので、専門的なことを省くが、医者でないので、まったく薬局のバイアスも
○○学会のバイアスもかかっていない。

さて、その心を制する方法の一つは、このストレスを発散することで、
これは、大いに行わないといけない。

好きな趣味を絶ってはいけないし、好きな人に、思いを伝えないのもいけない。
それは、停滞を意味するからだ。

相場と同じように、好きな人に思いを伝えて、壊れて、それでいい。
次に新しいチャンスを探すことになるのだから。

1000年も生きられず、復活もない人間には、この制限された時間を生き抜くことが必要で、
それは時に、

捨てる!という意味を積極的に、ポジティブな意味で捉えることが必要だ。

相場のこころ(このブログの日経平均先物でない部分)を読んでいる娘は、ストレスがある!といって
パチンコにでかけた。

自慢すべき所はなく、
倒れるほど勉強をしたのを見たこともないし、
すぐに飽きる。
唯一飽きなかった、FXでは、80万円の損益を喫し、引退した。
残っている稼ぐ方法は、パチンコだけ、ということだ。
FXで儲けられなかった理由は、儲ける方法2014で連載した、心理戦で罠にかかったからだ。
読んでいるのにねえ。

さて、そんな彼女にも一つだけいいところがある。

株式情報_2014-4-19_17-41-7_No-00

朝、葉がついた、と騒いでいた。
どこから持ってきたのか?と聞くと、マンションの前の木の枝を取り、
水をやったのだ、と言う。

命の大切さを知っているは、彼女の方で、これはやさしい教えでもあった。

イースターは、そんな日なのだ。

面白ければ
web拍手 by FC2
をお願いします。

本日の記事一覧


重要なポイントとったか?日経平均の抵抗ポイント
秘密記事・日経平均先物建玉+TOPIX先物建玉変化
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

コギト・エルゴ・スム
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。