株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

儲ける方法2014-16 記事No.5438

2014-04-14-Mon  14:13:46

儲ける方法・株ブログ・投資情報


儲ける方法2014-1 儲ける方法2014-2
儲ける方法2014-3 儲ける方法2014-4
儲ける方法2014-5 儲ける方法2014-6
儲ける方法2014-7 儲ける方法2014-8
儲ける方法2014-9 儲ける方法2014-10
儲ける方法2014-11 儲ける方法2014-12
儲ける方法2014-13 儲ける方法2014-14
儲ける方法2014-15



前回
儲ける方法2014-15  では こころとは何か??

にふれました。
そこで、確定商品でないものに 携わるとき、

つまり、年金や、債券や、保険、で生計を計算するものとは違って、
確定でないものを扱うとき、自分でも自分が分からない行動をとることを説明してきました。

はじめの意図とは違い、心が乱れ、結局、心に従い、結局、

心の趣くままの投資を行います。

それはまるで、

リスク管理が、儲ける方法で、手段をあることを忘れて、リスク管理自体を追います。

その結果、リスクを0にまで、持っていきます。
え、どうすれば、リスク0の管理がきるのかって??

これはこういう計算で算出するのです。

株式情報_2014-4-14_14-10-23_No-00

素晴らしいでしょう? 勝ち目が48%と50%を割っていても、こんな安全に資産を管理できるのです。


では、リターンを100にするなら、リスクは、いくがいいのでしょう。

それは、例えば、パチンコを例に取ってみれば分かります。

また、パチンコですか! そうです。昨日は、負けると分かって、パチンコをしてしまった私に
言い聞かせています。

負ける勝負をしたい、と思われる行動を私たちは取るのです。

まず、パチンコで、3万円勝ちたいとします。
これは、大当たり1回でOKです。

4円の玉、8000発ですね。

簡単なたとえです、ではここにいくら投入しましょうか??

1000円?3分で終わりです。
3000円?10分です。
1万円?でる確率も大きくなります。

では、1万円で止めるとしましょう。

これなら、時々3万円でるかもしれません。7回に1回くらい。

では、3万円まで賭けるとすれば、5回に3回くらいでるかも知れません。

はじめの投資では、7万円使って、3万円のプラス

次の投資では、15万円使って、9万円のプラスです。

はじめの投資では、4万円のマイナス
次の投資では、6万円のマイナス

です、どちらも負けですね。まあパチンコ還元率70%ですから仕方ありません。
でもそれでも負けを少なくするには、はじめの投資がいいのでしょうか。

やっぱり、1万円で止めるのではなく、1000円で止めることにしましょう。
となると、

1000円以内に、大当たりがでないと行けませんね。

これは、賭け金と、リターンの心理的な錯覚を多くしめしています。

このあと、多くの錯覚パターンを提示していきましょう。

100万円を投資して、500円も損しない方法! あります。

つづく・・・・



なお、前日比+になった日に、動画では、新規銘柄を公開します。

動画は
動画ご購入ここ

本日の記事一覧
秘密記事:たったふたつの要望・今週のポイントその③
インフレへの道しるべ 疑問2

そろそろ、ドル転換に気をつけて、次の銘柄を準備しましょう。

吉野家(9861) +69 夜明け間近。
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

儲ける方法2014

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。