株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

アベノミクスは死んだのか??① 記事No.5429

2014-04-12-Sat  18:03:14

世界がこのようなトレンドになってくると、2年振りに、みんな何かを振り返ることになる。

それは、「アベノミクスは死んだのか??」

である。
ちょうどこの時期には、悲観的経済本が売れる時期だ。
特に、今年は昨年の勢いがなくなり、さらにここから

FRBのイエレン女史と
日銀 黒田総裁

の会見から株式市場は、不十分とのまた、わがままを言い出した。
これが、最近はそれでも抑えられていたが、NYダウ、ナスダック、とも移動平均を割り込む
方向にいくことになれば、この会見が如何に重要で、如何に市場との対話技術が
必要なのか、気づかされる。

このままでは、あの会見時の、日本経済に対して、自信のあふれた会見が

株式情報_2014-4-12_17-14-30_No-00
黒田総裁ではなく、




喪黒 福造(もぐろ ふくぞう)になってしまうのだ。



株式情報_2014-4-12_16-55-31_No-00

そのダーン!!ってやってくれたものが実はあとになって、

「そう言ったでしょう、日銀だけじゃダメだってね、うほほほほ」って
言われたような会見になってしまう。

この指先が、市場へではなく、本来は、政府へ向かないといけないのにだ。

それを考えて、あえて、日銀はやることはやった、と言い張るのか、
それとも もぐろ のように、何かをたくらんでいるのかは、これからの発言次第だ。


今回、
G20では、それでも世界経済に必要なものを一つだけ訴えている。*注1

さて、いま、このもぐろそうさいの元、日本ではアベノミクスは死んでしまったか??
という議論がなされる。

しかし、投資家に言う。
「アベノミクスは死んでしまったのか??」という議論は・・・・・・

続きは 秘密記事で

秘密記事:アベノミクスは死んでしまったのか??

秘密記事は

をクリック、入って当ブログの紹介文にある、秘密記事PASSを入れてみて下さい。

本日の記事一覧
NY株式市況、世界的急落をテクニカルで分析する②
NY株式市況、世界的急落をテクニカルで分析する①

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

コギト・エルゴ・スム
株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。
「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。