株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト・無料・ここ

ゴールドラッシュと消費税とこれから。 記事No.5387

2014-04-06-Sun  22:18:07

先日は純金のウルトラセブンが売り出されて話題を蒔いた。

株式情報_2014-4-6_21-8-0_No-00

重さ400gというから、時価4300円の金なら

4300*400=172万円が時価であるが、
消費税込みで1000万円は1080万円で売り出された。
80万円の消費税分が、時価の1/2にもあたるものなので、純金といっても、
純金である価値がなく、果たして、それでもこのトレンドのものを

NY金 週足
株式情報_2014-4-6_21-15-1_No-00

買っていく、さらに希少な消費者が現れるのは期待できない。

まして買うのなら、これより小さいサイズのカネゴンであろう。

株式情報_2014-4-6_21-8-14_No-00

ともかく金のダウントレンドはこれからのカネの流れを映していて、金融緩和から
世界が正常な世界へ戻るサインとなっている。

さて、4月からこの消費背UPが、日本市場の消費に影響を与え、その場合は、さらなる緩和を
日銀は行うことになるのであるが、円が買われている以上、何もなくても、緩和の必要があり、
さらに、何もなくても、円が買われる、というのが、日本への真の評価ではある。

いずれにしても、消費税上げ、第二弾を成し遂げるためには、消費は鈍ってはならない。
そう、打ち合わせてあるはずである。

世界が、緩和縮小から金利引き上げに動き、さらに、欧州市場と日本市場は、これらに遅れて
緩和縮小にはいる構図は、ここのところ変わっていない。

もちろん、一番先は、米国経済であり、これが大きく変わらない限り、ドルの大きな反転は
続くことになる。

この4月は、日本は、GWまでの踊り場からの上昇過程にはいるのがアノマリーであるが、
ドルがもたつくと、この踊り場が長くなる。
そして、消費税引き上げの影響を市場は、心配しばじめるのだろうが。

実際はどうであろうか?

ABCマート(2670) 週足
株式情報_2014-4-6_21-39-53_No-00

今日は4月に入っての初めての日曜日で、渋谷センター街のABCマートを訪ねたが、相当に
混雑しており、相変わらずの、靴販売部門のTOPであることには、変わりない。
この状態だけでも消費背上げの状況は、以前とは違う。

先日の3/31、消費税引き下の前日、定期券を買うのに、4時間もまったところがあったそうであるが、
3万円の定期で3%違って900円、6万円の定期で、1800円だ。

1800円を4時間で割ると、450円だ。
それだけかけて、4時間待つというのは、何が生活の基本をなしているかの表現だが、
450円は、最低賃金を下回る。

この極端さは、また市場に残る。

例えば、吉野家(9861)は、牛丼を値上げして高級化(少し)するが、
すき家は、逆に値下げして、以前のトレンドを保つ。

そこで、この2社の動きは、消費の仕方を占う上で非常に興味深い結果を示してくれることになる。

安かろう悪かろう か 節約一番館 か だ。

さて、ゴールドと言えば、ゴールドラッシュを思い出してしまって、結局、
B級グルメ王のここに寄った。


株式情報_2014-4-6_20-26-0_No-00

30年以上通っている。

トリプルラッシュハンバーグ 300g 1550円
株式情報_2014-4-6_20-26-46_No-00

ここは常にゴールドラッシュだ。


今日の秘密記事

秘密記事は

をクリック、入って当ブログの紹介文にある、秘密記事PASSを入れてみて下さい。

関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

日々雑感

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。