株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

儲ける方法2018無料登録はメール版はここ


【儲ける方法LINE版↓】
株・先物から仮想通貨まで徹底的な儲ける方法を狙います。
新しいヒント、方法、可能性、をLINEでお楽しみください。
登録追加↓
株式情報ビリオンタッチ

→この株ブログ初めての方はここ(特徴・読み方・難易度)←

→ 【テクニカル分析大全】リニューアル開始 ここ←

1929年のNY株式市場大暴落を研究する3・誰かであったとしてもその形跡をチャート上に残す 記事No.5263

2014-02-23-Sun  13:26:30

1929年のNY株式市場大暴落を研究する1
1929年のNY株式市場大暴落を研究する2




1929年のNY株式市場大暴落の週足でのチャートをもう一度振り返って見よう。

1929年NYダウチャート

この時のチャートを振り返ると最高値を取った後に、ブルーゾーンに入っている。
そして、26週線は下を向いている。

この2点がもっとも重要だ。

そして、大暴落の3大条件は

史上最高値を取った後
26週線下向き
ブルーゾーン入り

現在のチャートはそれぞれどうだろう。

NYダウチャート 週足
NYダウチャート 週足

先々週、この危険なゾーンブルーを抜けて、先週はそれを維持した。
また、26週線は、上を向いたままで、暴落条件を満たしてはいない。

一方、日経平均の1989年はどうだったのであろう?

1989年東京株式市場 大暴落

1989年東京株式市場 大暴落

これも覚えておきたいのは、この年に史上最高値を取っていたということである。

他の2点は、26週線と、ブルーゾーンであるが、

はじめの大陰線で26週線も下に向いた、
これで、2つの条件はクリアされたのだ。

では、ブルーゾーンはどこにあったのだろう。

次回では、この検証と、

では、リーマンショックではどういう危機サインが出ていたのかを検証してみたい。

これらは、経済を私たちが検証、予測するものではなく、

それらの仕事をチャートに任せる、という仕事なのだ。

なぜなら、チャートには全ての情報が織り込まれていて、何かが、それが、たとえ
誰かであったとしてもその形跡をチャート上に残すからである。

何かが起きるとき、足跡を残さずに、物事を進められないからである。

特にそこに、作為のある事件なら、なおさらだ。

つづく・・・・

続きを読みたい人は、クリックして応援をお願いします。

このブログを応援頂ける方は


関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ←最新情報はここ。