株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

儲ける方法2018無料登録はメール版はここ


【儲ける方法LINE版↓】
株・先物から仮想通貨まで徹底的な儲ける方法を狙います。
新しいヒント、方法、可能性、をLINEでお楽しみください。
登録追加↓
株式情報ビリオンタッチ

→この株ブログ初めての方はここ(特徴・読み方・難易度)←

→ 【テクニカル分析大全】リニューアル開始 ここ←

1929年のNY株式市場大暴落を研究する2・再度のブルーゾーン突入 記事No.5260

2014-02-21-Fri  09:39:29

チャート分析が無用の長物なのか、
最新の自動車のPRE-SAFEブレーキシステムにも勝る、英知の結晶なのかは、
このチャートを振り返って確かめてみます。

昨日、UPした1929年のNYダウは週足では

1929年NYダウチャート
1929年NYダウチャート

暴落の頂点は、過去最高値、です。

暴落時は、もちろん、26週移動平均線は、下を向いていますが、
それは、逆にいれば、暴落で下を向いたのではなく、暴落が、下を向かせたわけで
この場合は、役立っていません。

では、これにモンタナバンドを掛けたらどうなるでしょう。

1929年NYダウチャート
1929年NYダウチャート

頂点の次の週に早くも、レッドゾーンを割り込みました。

その後5週間の急落で、ブルーゾーン入りになりましたが、いったんここを抜け出ています。
問題はそのあと

再度のブルーゾーン突入です。

これは、離脱を計ったもの、売り圧力が強く、警戒状態となったことを示しています。

そして暴落は、その週から始まったのです。

では、現在はどうでしょう。

つづく。・・


続きを読みたい方はクリックで応援してください。


関連記事


コメント: -
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ←最新情報はここ。

1929年のNY株式市場大暴落を研究する