株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

儲ける方法2014-2 記事No.5181

2014-01-21-Tue  11:10:57

まず、このチャート

株式情報_2014-1-20_21-34-38_No-00

語るまでもないチャートですが、もし皆さんが、2012年の末に、タイムマシンで戻ったとしましょう。

ここで、ポイントは、タイムマシンで戻った、ということであり、なにも知らない人が戻ったわけでは
ありません。
すでにアベノミクスがどう動いたか知っているあなたが、戻ったのです。

で、もちろん、こんな方法はあり得ませんが、映画の中でなら、あなたのやることは決まっています。

競馬 でないです。

一年だけといって、お金を集めるだけ集めて、たとえそれが、40%の高利貸しでもなんでも
お金を集めて、ネットにアクセスします。

そして、やることはたった一つしかありません。

そして、そのやったことをした後、あなたは、何もしません。

簡単です、カンタン。

だから、あなたは、あなたの愛する友人にも、同じことを奨めます。

利益を分け与えるのではなく、一緒に市場から、受け取れるからです。

しかし、これも映画特有のシナリオのひねりがあってあなたは愛する友人に会うのに時間がかかりました。

株式情報_2014-1-21_10-48-29_No-00

あなたが2012年の11月に戻ってから3ヶ月が経過してたのです。

さて、あなたは2014年を知っていますから、シャープが叩かれようと、それは、ウォンに対して
円が高すぎたからで、日本の企業が、マネ物企業に負けるはずはない!を自信を持てますが、
当時に戻れば、だれもそんな話に耳を傾けません。

しかし、友人は聴いてくれました。

あなたは、もと、松下電器のこのパナソニック(6752)を友人に勧められたのです。

そして2ヶ月が経ちました。

株式情報_2014-1-21_10-49-56_No-00

716円で買ったあなたの友人のパナソニック(6752)は、わずか、たった2ヶ月で612円、
100円も落ちてしまったのです。

信じていたのに!!

友人は、言いました。バカじゃないの 大赤字のパナソニックの一本釣り。
大和証券がもっと良い銘柄を奨めてくれるよ、新興国投信がいいんだってさあ。

友人は去りました。

あなたは知っていました。

パナソニック(6752)がどんな会社で誰が買っていくのかを。

移動平均線は、上を向いたまま、信じる投資家を受け入れ続けていました。

パナソニックチャート 週足
株式情報_2014-1-21_10-56-19_No-00

儲けることの難しさは、ここにあります。

あなたが未来を知っているからこそ、押し目で何もせず、高値取りでも何もせず、
4倍にもなった

王道中の王道銘柄を、保持できました。

しかし、もし、あなたが、未来を知らず、新聞をよく読み、世界情勢を分析していたら、

この銘柄に「走れメロス」的な信頼を与えられなかったはずです。

4倍の銘柄を1割で利喰う。

それが、精一杯です。

なぜなら、あなたのリスク管理が素晴らしいからです。

そうして、究極のリスク管理、

インフレと同じ率で運用する、に行き着くのです。

移動平均線に乗る、という、もっともカンタンで、もっとも難しい方法、

できるでしょうか?

100億円入れても、カンタンに4倍で裁ける。
史上もっともパフォーマンスの良かった方法、パナソニックを買って何もしない。

できませんでしたね。


次の、盲点、カオスの世界へ ご案内しましょう。

つづく・・・

続きを読みたい方は、下をクリックして、応援してください。


関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

儲ける方法2014

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。