株ブログ・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ日記


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

■ 儲ける方法3-19 ■ パチンコと相場3 記事No.5079

2013-11-21-Thu  14:51:56

儲ける方法1
儲ける方法3

その他は右メニューカテゴリから選べます。
初心者用なので、ベテランの方はもっともっと読んでください。




パチンコと相場はいろいろな局面で相似している。

前回お話した、すでに釘を読む前に、出る台は決まっている、
というところでも同じある。

しかし、一番、この儲ける方法で重要なのは、このことだ。

パチンコは、還元率が75%のギャンブルである。
これは、100万円使って、75万円返ってくる、ということなので、
時々、大当たりが、

お も て な し 

となる。
これは、競馬や、宝くじより遙かにマシで、宝くじの還元率は45%に過ぎない。

これは、宝くじこそ、ギャンブルである、ということと、
宝くじこそ、ギャンブルの中でもっとも、ギャンブルということなのだ。

パチンコばっかりやっている彼は、ギャンブル好きなので、結婚できない、と嘆く女子は
宝くじなど、買ってはいけない。
自分こそ、最高のギャンブラーとなってしまう。

それでだ。

75%のパチンコは一般的に良いが、
その台が、あらかじめ、決まって、出る、出ない、なら、確率の問題としてよい。

しかし、もし、あなたが、良い台を戦略的プロファイリングによって、予測したのに

たとえば、
雨の日の、入り口側から2台目の台は、午後から出る、というguess.

これは、良い読みなのだが、

あなたが、そこの店にそういう常連としているなら、店側は、
あなたには、出さない。
あなたが、おかしいなあ、と言って、席を立った午後3時から、
これ、どう打つの?、って聞いている、今日初めてのおばあさんが座ったとたん、
1000円以内で、777を表示させる。

これで、はまり、だ。

このような、もう、八百長とも言える、ところに行ってはいけない。
そこで、勝負してはいけないのだ。

それは、たとえば、

経済指標発表後の、通貨FX市場。
証拠金ぎりぎりのあなたのFX口座の朝6時。

これは、絶対に損をする事になっている。

売っても、買っても、損をすることになっている。

つまりだ。
そういう、明らかに、95%損をする市場に行ってはいけない、ということが、

この儲ける方法で話す、最大重要なポイントなのだ。

なぜなら、この話は、ほとんど、都市伝説としてしか、語られないのだから。
ここだけで、本当のことを伝えているのだ。

ちなみに、このFXに関して

今、ロンドン時間の朝、つまり、東京の引け後に、市場価格を操作した疑いで、

銀行のディーラー連中すべてが、スイス金融当局の調査対象になっていて、これは、そのうち
悪事が判明されるだろう、
インチキ相場が、終わるのは、それから、また一年くらいかかる。

今、ちなみに、日本の朝=NY市場の引けた後、も狙われている。

さて、このような話は、FX本には、書かれない、当然に。
当然に、投信が、意味ない、なんてことも書かれない。

また当然に、NISA口座は、毎年、100万円が節税できるのではなく、

100万円を投資して、その中で儲かった分に対してだけ(100ではないよ)、税金がかからないが、
選んだ銘柄が、

金の投信とかで、5年経ってすっごくマイナスなら、
100万円でなくて、10万円の枠だったら良かったのに!となることも
大きな声では言わない。

そう、儲けるためには、アウエーで戦ってはいけないのだ。

今、幸い、株式市場だけは、なんとか、正義がチェックされているのだ。

つぎは、心理面でパチンコと比較する。

続きを読みたい方は↓をクリック
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

儲ける方法3

株ブログへようこそ。
このブログは投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この株ブログを末永くお願い申し上げます。