株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

■ 儲ける方法3-15 ■ 記事No.5063

2013-11-15-Fri  13:15:34

儲ける方法1
儲ける方法3

その他は右メニューカテゴリから選べます。
初心者用なので、ベテランの方はもっともっと読んでください。




大局観か、移動平均線か?

プライドは、今まで、移動平均線だけに従ってはこなかった、ということを理由に、
「あの時、大局観があったからそこ、この波に乗れたのだ」と叫ぶ。

しかし、移動平均線は、さらに逆の方向に角度をつけはじめていく。

損切りするなら、今、しかない。
あなたなら、どうしましょう?

さて、このような状況の時、投資家に大局観が本当に必要なのかどうか、問われる。
大局観は、相場を乗り切るための大きな羅針盤であったはずなのに、
チャートと判断を同居させてしまったがために、ただの、意固地なプライドになってしまった。
判断は遅れ、やがて大きな損失を招く。

投資家はいつも良いチャートや、いい情報を持ち合わせて、
正確な答えを出そうする、
しかし、それらが折衷案になるとまったく意味を持たなくなってしまうばかりでなく、
訳の分からないポジションになり、挙げ句の果てに
売りと買いのポジションを両方持つ、というどちらに転んでも
儲からないポジションが出来上がるのだ。

大局観を持つ、ということも、同じ意味で折衷案を招く上、投資家がこのポジションを
意地になって持ち始め、大きく曲がりだす。
同じ銘柄を違う方法で分析するとき、どちらかに、プライドや意地を与えてはならないのだ。

心が柔軟にならなければ、チャートからの警告に従わず、小さな損失以上のものを失う。
柔軟な大局観、はある意味で、矛盾して見える。
それを柔軟に裁けなければ、大局観など持ってはいけないのだ。

今、ドルが、100円であれば、それは、絶対に105円へのステップでも、
95円へのステップでもない。
方向は、移動平均線だけが握っていて、それに大局観が口を出してはいけないのだ。

では、大局観は全く必要ないのだろうか?
いや、必要だ。
しかし、それは、トレンドの方向を判断する概念とは違う。

両雄相並び立たず

相場を始めたら、移動平均線に従う。
これが鉄則。
そこに大局観の入る隙間はない。
しかし、相場を始めるかどうか、それが、FX市場なのか、株式市場なのか、商品市場なのか、
それは、大局観が決める。

今、動くべき、今、待つべき、今、逃げるべき。
その大局観は、トレンド分析ではなく、半年に一度、自分の投資スタイルが
正しいかどうか、自分自身に問う時に使うものなのだ。

つづく・・・・

続きを読みたい方は下をクリックして応援ください。





関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

儲ける方法3

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。