株ブログ・投資相談・20年現役ファンドマネージャーのテクニカルで勝つ株式情報


 本当のこと  誰もやらないこと  相場とともに生きる  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者
最新先物オプション情報は→→ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
ライブチャット ←←ご質問はここへ、ライブチャット

儲ける方法2018無料登録はここ



■ 儲ける方法3-13■ 記事No.5038

2013-10-31-Thu  13:43:19

儲ける方法1
儲ける方法3

その他は右メニューカテゴリから選べます。
初心者用なので、ベテランの方はもっともっと読んでください。




前回、

小さな持ち合いのなかで、逆に行ってしまうのなら、移動平均線でも
取られ続ける相場がやって来る、ということだ。

これで、移動平均線 神 の立場は崩れたのだろうか??

とした。

移動平均線は、小さなレンジに相場が入ってしまうと機能しない。
確かに大きな相場なら、十二分に機能するのだが。

となると、過熱指数の、大きな相場では、逆に行くがレンジ相場では、
上と下で、転換を示すシグナルも、悪くない。

移動平均線は、神 にあらずだ。

これが、過熱指数の立場だ。

さて、さて、では言おう。

過熱指数は、レンジでの転換に有効かも知れないが、

相場が、より小さなレンジで動いてしまったら、過熱指数でさえ、
逆のシグナルを出し続ける。

もっと意地悪く言えば、過熱指数が、逆になり続ける、レンジに、相場は作られていく。

となると

移動平均線にしろ、過熱指数にしろ、それらが逆になり続ける、トレンド、レンジが
存在する、ということになる。

では、同じ間違える、移動平均線と、過熱指数は、どこが違うのか。

それは、

移動平均線が、間違えた後、相場に逆らって逆のシグナルを出し続けないのに対し、

過熱指数は、逆らい続けるのだ。

NYダウ 週足
1_2013-10-31_13-34-10.png

過熱指数は、売り転換である間、相場が上がり続けることがあるが、
移動平均線が、売り転換のあと、相場が上がれば、移動平均線は、これをフォローし、
シグナルを訂正するのだ。

もし、完璧でないということを認めるテクニカル分析なら、

間違え方に、訂正を含ませる、移動平均は、偉い、とえるのだ。

それは、間違いを知る、というリスク管理を、そのチャート分析が知っているということなのだ。


つづく・・・・・

続きを読みたい方はクリック



関連記事
面白ければブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ