株ブログ・20年現役ファンドマネージャーの株情報・東京総合研究所投資顧問


『本当のこと』『 誰もやらないこと』『 相場とともに生きる』  総来訪者(2007/06~)  現在閲覧者

儲ける方法2018無料メール版はここ

株式情報ビリオンタッチ トレーダー適性テスト 入門・日経平均先物OPとは何か?

実配信の実績はこちら

■ 儲ける方法3-8■ 記事No.5013

2013-10-18-Fri  09:54:19

儲ける方法1
儲ける方法3

その他は右メニューカテゴリから選べます。
初心者用なので、ベテランの方はもっともっと読んでください。




皆さんは、儲けたい???? ですか??

本当に???
本当に???

でも、それほどでもないでしょう。
儲かれば、いいなあ。くらいでしょう。

それでは、たぶん儲かりません。

さて、心の話は後半にするとして、
まず、前回お話しした、株はなぜ上がるか?
これについて、続けます。

この質問に、なんと答えるのだろう。

業績がいいから??

違う。

ドレンドが上に向いているから?

違う。


それらは、その銘柄を選ぶ理由であって、原因ではない。
では、原因は何か?
なぜ、株は上がるのか??

答えはたった一つだ。

売りより、買いが、多いから!!!

それが、本当の原因で、答えだ。

もし、それが、倒産する株でも、それを買おうとする投資家が、
売りものより多い買いも物を入れれば、上がる。
実際には、そういうことはないが、

どんな時でも、売りより、買いが多い、という物理的条件があれば、上がる。
どんな業績が良くても、買より、売りが多ければ、下がるのだ。

なぜ、こんな簡単なことを今更言うのか?

それは、みんなが、忘れているからだ。

つまり、今 野村ホールディングス(8604)は759円だ。

それは、この値段で、売りたい人と、買いたい人、が釣り合っているのだ。

釣り合っているのに、上がる、と考える人は、
売っている人が、間違っている、と確信が無ければならない。


それらは、決まっていない。

ことを忘れている。

たとえば、このチャートだ。

日経平均 月足
1_2013-10-18_09-45-09.png


はい。
移動平均は、上がっているが、月足で、大きな上髭。

これだけでも、買えないのに。

もし、このチャートを見ているときが、このチャートの最後のローソク足である、
8月の末なら、さらにこうなる。

9月だよ、ここで買っていくバカはいない。
例年9月は、何かある。
上髭からのチャート、暴落の9月、
ここでは、全て逃げるでしょう。
悲惨なことになるよ。

上の見解でしょう????
この見解に間違いはないですね。???
あなたがベテランで、よく新聞を読んでいるのなら、こういう見解ですね??

間違いはない。

しかし、相場は、この13380円で、売りと買いが、均衡しているのだ。

ここからの確率は、五分五分だ、ということだ。

上の見解をもつ、ベテランと、
ここから それでも買っていこうという、買い方が、存在している。

それが、市場原理だ。

それを、忘れている。

何も、決定していないのだ。

それでも、決定しているように言う。

ここは、売りでしょう?
ここは、買いでしょう?

市場が、あなたより、頭が良いことを忘れてしまったのだ・・・・・・

心を改めよう。

つづく・・・・・・


続きを読みたい方は

をクリックしてください
関連記事

『LINE参加で特別情報無料』
儲ける方法LINE無料版 登録


コメント: -
面白ければ人気株ブログランキングにご協力お願いします。みんなのお金儲けアンテナ
にほんブログ村 株ブログ 株投資情報へ←人気株最新情報はここ。

儲ける方法3

東京総合研究所の株ブログへようこそ。
このブログは投資顧問である私たちが投資家への良き道しるべとなるように、あらゆる表現方法を用いて、相場への取り組み方を伝えています。 日経平均先物を中心に、なぜ「儲かるのか」ではなく、なぜ儲からないのかを解くことにより、投資家の陥る罠から真の投資方法へのアイデアを話していきます。大切なのは、昨日のことではなく、明日のこと。大切なのは、頭ではなく、心です。 資産を築く道に、近道はないこと。必勝法もないこと。勉強は必要な事。運を味方に付かなければならないこと。そして
知識が知恵を生み、知恵が戦略を作ることをお話しします。時にはテクニカル分析を使って、日経平均先物、NYダウ、そしてドル円のチャートを丹念に見ます。しかし時には、どんな努力も偶然にいたずらに無に帰すということも伝えています。 簡単に儲かる方法はないことを断言します。それは、投資家が明日ばかりを求めて、楽な方法を選ぶからです。


「天底は、楽園の果実のように、魅力のあるものだ。しかしそれを食べれば、楽園からは追い出され、神の保護から追放される。見てはならないものであることを知らなければならない。天底を狙って、大儲けした人はいない。」
相場格言にある、「天井売らず、底買わず」その意味がわかるころには、自分が神になろうとしてたことを知る。 ステムの誤差を認め、同じ方法でやり抜くことで、自然から確率の見返りを得ることができる。 それが分かる頃には、自分は随分遠回りしたと感じるだろう。 2007.1.1記
この東京総合研究所・株ブログを末永くお願い申し上げます。